小さな幸せを大切に


by pureandstyle

タグ:思うこと ( 82 ) タグの人気記事

14th

f0157538_08241642.jpg

母が旅立った日の、14回目の朝。


仕事へ向かう道端に、一輪の花が咲いていました。


花を育てるのが大好きで、花の名前を聞くと大抵知っていて、「お母さんはお花博士なのよ」と笑っていた母の笑顔を思い出す朝です。




この1年、娘が問題を起こす度に「お母さんだったらこう言うよね」とよく父と話していました。


大きくなった姿を見せたかった、と何度となく思ってしまうけれど、きっと母は空の上から見てくれているのだと思います。


by pureandstyle | 2017-09-13 08:23 | Family | Comments(4)

先生からのプレゼント

f0157538_20332241.jpg
昨日からの続きです。
娘が長年お世話になったピアノのレッスンを卒業する際、先生に器をプレゼントした数日後に、先生から電話がかかってきました。
「○○ちゃん(娘の名)に合格祝いを渡しに今からお家に行ってもいいですか?」
恐縮しつつお迎えすると、素敵なブルーの小箱とカードを下さいました。箱の中に入っていたのは可愛い置き時計。先生のレッスン室に飾ってあるものと同じものです。
「これを見てレッスンした頃のことを思い出してくれるといいなと思って」先生のお心遣いに思わずほろり。見ても分からないかな、と先生は少し心配しておられましたが、娘はすぐに分かりました。
それからずっと部屋に飾っています。時々悪魔の館と化す部屋ですが、この時計だけはきちんと同じ場所に綺麗に飾ってあります。
頂いたカードは、通学バッグに入れていつも持ち歩いているそうです。



by pureandstyle | 2017-08-24 22:16 | Family | Comments(0)

先生へのプレゼント


f0157538_20331201.jpg
少し前のことになりますが、娘が幼稚園の頃から通っていたピアノの先生のレッスンを卒業しました。
とてもとても長い時間を共に過ごした先生です。先生がいなかったら、娘はずっと前にピアノを辞めていたかも知れません。
全然練習せず、レッスンへ行ってもごろごろ床に転がって椅子の上に座っていられない娘を、時にはおだて、時には叱りながら根気強くレッスンして下さいました。先生には本当に足を向けて寝られません。
ピアノだけでなく、娘のこと全般を気にかけて下さり、子育ての相談も沢山させて頂きました。それだけに最後のレッスンは涙涙になるかと思いましたが(親が)、何だかこれでもうお会い出来なくなる気がお互いにしなくて、普通に笑顔のまま終わりました。そしてその予想通り、今も娘のことを気にかけて下さり、よくメールや電話でお話させて頂いています。
なので最後のレッスンでお別れではなかったのですが、これまでのお礼に先生が大好きな絵柄の小物入れをプレゼントしました。何年か前に器について質問されたことがきっかけで、器の底なしの世界に(!)先生をお連れしてしまったのですが、この模様が大好きだとおっしゃっていたシリーズの小物入れを何ヶ月も前に見つけ、受験が終わったらお渡ししようと買っておいたものです。
きっと喜んで下さるだろうという確信(笑)があったのですが、予想通りとても喜んで下さいました。お気に入りのお皿と一緒に飾って下さっているそうです。

先日は、数ヶ月ぶりに近況報告に娘が先生のお宅にお邪魔してきました。2時間近く(!)お喋りしてきたようです。


by pureandstyle | 2017-08-23 20:35 | Family | Comments(0)

娘から父へのプレゼント

f0157538_19223775.jpeg
父の誕生日には、娘もプレゼントを買っていました。
前日に、その前日に貰った臨時収入で友達と行ったディズニーストアで大量買いをしてきたので一気に使い過ぎだと怒ったのですが、実は父へのプレゼント分は残してあったようです。
普段使いのグラスをリクエストされ、父はスーパーで売っていそうな安価なものを想定していたそうなのですが、デパートで素敵なグラスを買ってきました。そのお店でどうしても風鈴も買いたいけどお金が足りないというので、仕事帰りに待ち合わせて買ったのですが、帰宅後すぐにそっと包みを開け、短冊に父へのメッセージを書いてオリジナル風鈴を作っていました。
f0157538_19225773.jpeg
父と娘は元々頻繁に会っていたのですが、受験前に父から酷く怒られてからすっかり心を閉ざしてしまい、ずっと会おうとしませんでした。
数ヶ月の間最愛の孫に会えず、父は本当に寂しそうでした。週末に久しぶりに一緒に実家へ行き、漸く仲直りが出来て本当に良かったです。
f0157538_19230804.jpeg

by pureandstyle | 2017-07-20 19:26 | Family | Comments(2)

父へのお祝い

f0157538_19163542.jpg
火曜日の夜、父の誕生日&喜寿祝いをしました。
仕事からダッシュで戻って夕食作り。せっかちな父が待ち切れないのではと心配でしたが(苦笑)、
夕食作りも無事間に合い、姉も仕事帰りにやって来て、皆で夜遅くまでお祝いしました。
普段は滅多に泊まらない父ですが、その日は珍しく家に泊まりました。
喜んでもらえて本当に良かったです。
f0157538_19172974.jpeg
父へのプレゼントにはCDを買いました。
素晴らしいと絶賛していた小説「蜜蜂と遠雷」に登場する曲の全集です。
何と小説の後日談つき!父が読み終えたら私も読ませて貰おうと思います。(それが目当て⁈ 笑)
きっと喜んで貰えるだろうと思っていたのですが、山野楽器の袋を見た瞬間に「もしかして?」と満面の笑みで包みを開けていました。
登場曲の中に娘が弾いたことがあるものがあったので、これまでの演奏動画を録画して一緒に渡しました。
節目の年なので珍しく長文の手紙つきです。メールではよくやり取りしていますが、手書きの手紙は実家を出た時以来かも知れません。
書いている内に思いが込み上げてきて、すっかり長くなってしまいましたが、感謝の気持ちは伝えられたのではと思います。
手書きの手紙、たまにはいいものですね。






by pureandstyle | 2017-07-19 19:14 | Family | Comments(0)

「かあさんの味」

f0157538_18223107.jpg
昨日、母の友人と料理の話になりました。
実家から以前持ち帰ったこちらの本は、母がこれを見ながら料理をしていたのを見た記憶はないものの、ピースご飯はこのレシピで作ると母の味とほぼ同じになります。他の料理もレトロさが良くて時々見ているのですが、母の友人も同じ本を持っているのだそうです。
続編もあるのよ、と言われてネットで探しましたが見つかりませんでした。そしてこの本が、何と1970年に出版されたものだったことが判明してびっくり。(Amazonデータより)母の本は昭和53年発行となっていたので、初版が1970年で、母は第何版目かを買ったのかも知れません。

昔ながらの昭和のお惣菜が100品超載っています。これからもずっと大切にしたい本の1つです。


by pureandstyle | 2017-06-19 18:23 | Family | Comments(0)

母の親友の巻きずし

f0157538_18513818.jpg
母の親友だった方が、お墓参りにいらして下さいました。
片道2時間半もかかる遠方にお住まいなのに、今もいらして下さいます。本当にありがたいことです。天国の母もきっと喜んでいることでしょう。
いらして下さるだけで嬉しいのに、いつも美味しいお料理を持ってきて下さいます。今日は巻き寿司を沢山作ってきて下さいました。7種の具を1つ1つ違うお鍋で前夜に煮て、朝火を入れ直して味を含ませたものを巻くという、とても手の込んだお寿司です。具も酢飯もとても上品なお味で、父共々感激しました。

沢山作ってきて下さったので、家にも持って帰って来ました。夜も美味しく頂きます。


by pureandstyle | 2017-06-18 18:52 | Family | Comments(0)

晴れやかな1日

f0157538_18453644.jpg
梅雨とは思えない、素晴らしいお天気の土曜日でした。
朝から夕方まで娘が通う学校の保護者会があり、お天気の恩恵を受けることが出来なかったのですが、いいお話を聞けて写真の景色のように晴れやかな気持ちになりました。
良い環境にいさせて頂けることに感謝です。

写真は先月鎌倉から見た景色。
光芒の美しさに目を奪われました。








by pureandstyle | 2017-06-17 18:45 | Others | Comments(0)

本の力

f0157538_06522039.jpg
今日は朝から家で残念なことがあり、仕事先でも寂しいことがありました。
何だか残念な日だったなあと思いながら電車に乗り、数日前から読んでいるエッセイ集を取り出しました。沢山の作家や詩人のエッセイを集めた本なのですが、たまたま帰りに読んだものの1つが以前読んだ大好きなエッセイでした。よしもとばななさんの作品です。丁度今日の心にぴったりな内容で、読んでいるうちに心が癒されていくのが分かりました。

家に帰り、本棚からよしもとさんのエッセイ集を取り出して、もう1度そのエッセイを読み、他のエッセイも幾つか読みました。
温かいお話と、ホットソイミルクティーで、穏やかな気持ちで1日を終えられそうです。






by pureandstyle | 2017-06-14 18:51 | Others | Comments(0)

疲労と恐怖のGW前半

f0157538_18133540.jpg
土曜日、5時起きでペンキ塗りをしました。
1階から3階までの木製部分を順に2度塗りするのですが、難関は2階と3階の木製縦格子。ピッチが狭くて本数が多い木を1本ずつ4面ずつ塗っていくのですが、塗っても塗っても終わらない...そして3階は、写真の様な景色を見ながら身を乗り出して塗るので恐怖との戦い!

休憩するともうやりたくなるので、休みなしでぶっ通しで2度塗りしたのですが、終わった後筋肉痛にはならなかったもののペンキのにおいで気分が悪くなり、治るのに月曜の朝までかかりました。5年後は、作業用のがっしりしたマスクで完全防備しようと今から心に決めました。出来ればやりたくないですが...5年後が今から恐ろしい...

そんなこんなで散々な週末でしたが、嬉しいこともありました。
前夜に父と電話で話していた時、ちらっとペンキ塗りの話をしたところ、何と朝手伝いに来てくれたのです。
大変だからいいよ、と気持ちだけ有難くもらおうとしたのですが、父は帽子と手袋持参でやる気満々。ただ縦格子のペンキ塗りは父の太い手では難しく、玄関は1度塗りが終わったばかりで乾かしている途中だったので、代わりに庭の樹木の剪定をお願いしました。
父は嬉々として作業を始め、延べ4時間近くかけて庭の大きな木2本を剪定してくれました。え、こんなにしなくても、、、と思う程丸坊主になりましたが(苦笑)朝早くから来てくれた心遣いが本当に嬉しかったです。
f0157538_18135758.jpg
すごく面白かったと言って、今話題の本も持ってきてくれました。
図書館で200人待ち(!)をしていた本です。実家から歩いて数分の場所に大きな図書館があるのですが、父は昔から買う派。あ、あの芸人さんと同じだ、、、(笑)
早速読み始めました。最初からものすごく面白いです!
f0157538_18134807.jpg
もう2度とやりたくないと毎回思うペンキ塗りですが、綺麗になったウッドデッキを見ると嬉しくなります。
これからは何日かに1度はちゃんと掃除しよう、とペンキを塗った直後は毎回思うのですがいつも最初だけで終わってしまうので今度こそ...

2日でしたが今週もお疲れ様でした。皆さま楽しいGWを!






by pureandstyle | 2017-05-02 18:28 | Home&Interior | Comments(0)