小さな幸せを大切に


by pureandstyle
f0157538_21231788.jpg
今日は初級パンレッスン。
暖かな日差しとぬくぬく床暖房で、カップに入った生地達は順調に大きくなってくれました。
オーブンの中で更に成長し、ぷっくりとマフィン型から顔を出す様は何度見ても可愛いです。

ここ数年、街のパン屋さんでもよく見かけるようになったパネトーネ。
本来のパネトーネはバターもお砂糖もたっぷり入ったとてもリッチな生地なので、体に優しくさっぱりと仕上げた今日のレシピに皆さん驚かれていましたが、初めて食べる味だけど美味しいと召し上がって下さいました。良かったです。
悩んで選んだクリスマスボックスも喜んで頂けました。普段は簡易包装に努めていますが、クリスマスは特別。プレゼント仕様にラッピングするとそれだけで心がウキウキします。
今年のボックスは、大きさが丁度パネトーネを入れるのにぴったりで良かったです。昨年のボックスが今年見つからなかった教訓を活かし、今年のレッスン分だけでなく、来年の分も見越して大量買いしようかと一瞬思いましたが、1年もの間棚のスペースを占領されるのは辛いので止めました。来年も頑張って探せばきっとまた良い物が見つかるでしょう。

今月はパンレッスンも、料理レッスンと同じテーブルコーディネーションにしています。
今年のテーマカラーは白。真っ白なテーブルクロスに真っ白な器です。
カクテルグラスのアレンジとキャンドルにあしらった、グリーンと赤い実が小さなアクセント。
今年のクリスマスイブは、家族のディナーもこのテーブルにしたいなあと思う反面、未だよく食べ物をこぼす娘と、娘に負けず劣らずよくこぼす主人がべったりとソースをこぼしたら...と思うと尻込みしてしまいそうです。
# by pureandstyle | 2007-12-12 21:23 | Pure & Style | Comments(2)
f0157538_212117.jpg
クリスマスリースを作った切れ端の枝を集めて、先日ご紹介したカクテルグラスのアレンジと共にグリーンのアレンジメントを作りました。
長いものはお店に返したので、持ち帰った枝は最長でも10cm未満、短いものはほんの2、3cmでしたが、寄せ集めると案外形になってくれるものです。

このアレンジはブーケを作る要領で作りました。
短い枝をそれぞれの種類に分け、枝の下部の葉を取り除きます。お花のブーケを作るように枝を交差させ、バランスを考えながらまとめていきます。
そのままではばらけてしまうので、形が決まったところで下の部分をワイヤーをぐるぐる巻いて固定しました。

グリーンの切れ端だけですが、実がついているもの、明るいグリーンのもの、ダークなもの等グリーンのヴァリエーションが豊富なお陰で、予想以上に華やかに仕上がりました。
お花のブーケと比べ、長持ちするのも嬉しいところ。どのグリーンも、リースにして数週間は持つような丈夫なものなので、こうして花器にお水を張って挿してあげれば、かなり長く元気でいてくれるのではないかと思います。

昔ロンドンで通ったフラワーアレンジメントの学校で、習いはしたもののその後一度も活用する機会がなかったブーケのレッスンが、数年を経てこんなところで役に立ってくれました。
今朝の朝刊にあった記事で、著名人の言葉を引用した「最大の利益を生む投資は知識への投資」(ごめんなさいうろ覚えです...言葉は正確ではありませんが趣旨はこんな内容でした)との一文がありましたが、正にその通り。自分が学んだことで無駄なことは一つも無く、たとえすぐに活用する場が無くてもいつか役に立ってくれる日が来るのだと思います。

枝の切れ端から随分大きなスケールの話に発展してしまいました。
明日は初級パンレッスン。このブーケを飾ってお待ちしています!
# by pureandstyle | 2007-12-11 21:02 | Home&Interior | Comments(2)

Yuzuシュトーレン

f0157538_20562333.jpg
今日はパンレッスンの中級クラスでした。
中級のクリスマスメニューは「シュトーレン」。先日のパネトーネに続き、こちらもYuzuヴァージョン初登場です。
初級レッスン同様、気に入って頂けるか緊張の面持ちで焼き上がったシュトーレンをテーブルへ。皆様のご様子をドキドキしながら見守ります。

一口召し上がった後に聞こえてきたのは、今日も「美味しい!」という嬉しいお言葉。
柚子の香りも、ドライフルーツやナッツ、スパイスの匙加減も気に入って頂けたとのこと、ホッと胸をなでおろしました。
柚子ヴァージョンに変更する際は一度の試作で上手くいきましたが、シュトーレンのレシピ自体は数あるパンレシピの中でもかなり試作を重ねたものの一つです。スパイスの種類や配合を変えたり、ドライフルーツの量を変えたり、甘みを増やしたり減らしたり...試行錯誤の上に完成したパンなので、苦労した分喜んで頂けた時の喜びも大きいです。

焼き立てのふんわりした生地、粗熱が取れてしっとりした生地、一日置いて更に味が馴染んで落ち着いた生地。どれもそれぞれの良さがあって美味しいです。
シュトーレンのレッスンでは、ホール1本をラッピングしてお持ち帰り頂いています。時間を追うにつれ変化してゆく美味しさを、ご自宅でも楽しんで頂けたらと思います。

先日料理レッスンの生徒さんから、シュトーレンを販売して欲しいとのご要望を頂きました。
お渡し日etc、ご希望に添えそうでしたら是非作らせて頂きたいと思っています。今年新しくなったシュトーレン、食べたいとおっしゃって頂けるのは本当に嬉しいことです。
張り切って柚子皮のみじん切りに励みます!
# by pureandstyle | 2007-12-10 20:57 | Pure & Style | Comments(2)

チリビーンズ

f0157538_20301245.jpg
今日は恵比寿読売文化センターでのレッスンでした。
今月の料理はチリビーンズとジンジャークッキー。本来のチリビーンズには挽肉が入りますが、勿論お肉抜きで。野菜を組み合わせてコクと旨みを出しました。

どんなお豆でも美味しく出来ますが、本場でチリビーンズに使われるキドニービーンズにとてもよく似ている金時豆を使いました。
少しねっとりした舌触りと甘みが美味しい!お豆はどの種類も好きですが、皆それぞれの美味しさがありますね。
久しぶりにほっこりと甘い金時豆の煮豆を作りたくなりました。

じっくり炒めた野菜に、スパイス、ハーブを入れて煮込みます。
沸騰したら弱火でコトコトと。陰性の材料が多いので、時間をかけて煮込みました。
スパイシーな野菜のソースが金時豆に絡み、たまらない美味しさです。お豆がたっぷり入っているので、ボリュームも満点。

今日は一日体験レッスンで参加された方がお一人いらっしゃいました。
シチューなのにブイヨンを全く使わないことに驚かれていましたが、野菜の持つ旨みを引き出した料理を気に入って頂けて良かったです。
時には昆布出汁や昆布椎茸出汁を使うこともありますが、野菜の味だけで十分な場合は出来るだけその持ち味を生かす料理に仕上げたいと思っています。美味しいお野菜は、それだけで十分主役を張れる味とパワーを持っているものです。

美味しい野菜と美味しいお豆で作るチリビーンズ。
たっぷり作って、翌日のお昼にパスタを入れて食べるのもおススメです。
# by pureandstyle | 2007-12-09 20:30 | Pure & Style | Comments(2)

Yuzuパネトーネ 初登場

f0157538_22355248.jpg
今日は週末パンレッスンでした。
いつもは平日レッスンの方が先になることが多いのですが、今月は今日がパンレッスン初回です。
ということはパネトーネ 柚子風味も今日が初のお披露目。皆様のお口に合う味になっているか緊張しましたが、美味しいと言って頂けてほっとしました。
来週、再来週ご参加下さる皆様、どうぞお楽しみに!

パネトーネは味は勿論のこと、その作りやすさも魅力の一つです。
ピールその他の混ぜ込む材料を準備する手間はありますが、後は至って簡単。生地がゆるく手で捏ねることが出来ないので、一番時間がかかる捏ねの作業もありません。
食べやすさ、作りやすさを考え、通常のパネトーネ型ではなく、マフィン型で可愛らしく作りますのでその後の作業もスムーズです。生地を型に入れるだけなので成型もありません。教室でご紹介しているパンの中で、最も作りやすいパンの一つではないでしょうか。

でも作りやすいとはいっても、様々な材料を微妙な配合で組み合わせていますので、味はそれぞれの材料の良さが組み合わさった複雑な味わいで、手軽な割に見栄えがするので、プレゼントやクリスマスパーティのお土産にもぴったりです。
今日ご参加下さった方のうちお一人も、「今年は忙しくて出来ないけれど、来年は自分で作ったパネトーネを皆にプレゼント出来るよう頑張ります」とおっしゃって下さいました。来年は是非沢山作って下さいね。

今年からPure&Styleに仲間入りしたYuzuパネトーネ。
これからよろしくお願いします!
# by pureandstyle | 2007-12-08 22:35 | Pure & Style | Comments(2)