小さな幸せを大切に


by pureandstyle

Cocktail Arrangement

f0157538_23385192.jpg
明日は今月初の料理レッスン。
1年を締めくくるクリスマスメニューなので、準備もいつも以上に気合が入ります。
午前中は買物に出かけ、帰宅後デザートの仕込み。今年のクリスマスデザートは一晩寝かせた方が美味しいものなので、前日に作って冷蔵庫で明日を待ちます。
続いて明日お出しするパンを作ります。クリスマスにちなみ、ミニリース型のパンにしてみました。焼きあがったのが20時過ぎ。夕食をしっかり食べたにも拘わらず一つ食べてしまいました。やっぱり焼き立てを味見しておかないとね!(と自分に言い訳)
スポットライトで撮影したら生地のグリーンが綺麗に出なかったので、明朝撮り直すことにします。

リースパンをかじりながら、明日のテーブルセッティングを考えます。
リネンは何にしよう、お皿はどれを使おうかしら。
今年の料理は、テーマカラーを白とグリーンにしているので、テーブルもホワイトをベースにすることにしました。テーブルクロスよりプレイスマットが好きなので、レッスン時もいつもプレイスマットを使用しているのですが、今回は初めてテーブルクロスを使うことに決めました。
明朝テーブルクロスにピシッとアイロンをかけて、皆様をお迎えします。

今年のメニューは取り分けるスタイルではなく、レストラン形式に一皿一皿お出ししようと思っているので、テーブルセンターにはクリスマスの小さなアレンジを置くことにしました。
実はこれ、玄関のリースを作った際切り落とした花材の端切れを集めて作ったもの。食材と同様、お花も葉っぱも小さな端切れまで大切に使いたいと思う性格です。リースアレンジのレッスン終了後、皆さんが後片付けをしている中、大きな枝は次回のレッスンの為にお戻ししましたが、ゴミ箱へ行ってしまいそうな端切れはビニール袋に詰めて持ち帰りました。貧乏性?いえいえこうして立派にまだテーブルを飾ってくれる存在になれるのですから、大切にしないとね。

明日はとても良い天気になりそうです。
今年初めてのクリスマスレッスン、クリスマスソングと共に皆様をお待ちしています。
# by pureandstyle | 2007-12-03 23:38 | Home&Interior | Comments(2)

休日の朝に

f0157538_205319.jpg
お弁当作りや身支度に慌てる必要が無い休日の朝は、朝食もゆったり作れます。
時間と気持ちに余裕がある時でないと作る気分になれないもの、パンケーキやクレープ等を朝食に作るのも休日の楽しみの一つ。
昨日の朝食には玄米粉のクレープを作りました。実は今月のレッスンの最終試作も兼ねていたのですが、粉と水分のバランスがやっと思った具合になりました。今年のクリスマスメニューのメインは、玄米粉のクレープを使った、野菜の包み焼きを作る予定です。野菜のフィリングを作り、クレープを焼き、クレープで野菜を巻いてオーブンへ、といつもの料理より少し手間がかかりますが、クリスマスプレゼントを思わせる姿が可愛らしく、メインとしての適度なボリュームもありクリスマスの一皿としてはなかなか良いのではないかと思っています。

ベーキングパウダーや重曹を使ったクイックブレッドも、休日の朝にぴったりなメニューです。
こちらはコーンブレッド。ベーキングパウダーを使ったレシピが一般的ですが、少しでも使用量を減らしたかったので重曹を使いました。油分もかなり控え目なので少しモソモソしていますが、その素朴さがまたいい感じ。クイックブレッドは時間が経つとどんどん味が落ちるので、是非焼き立てを食べたいもの。朝食の時間を自由に決められる休日の朝ならではのメニューです。

コーンミールの自然な甘さだけでも十分美味しいのですが、メープルシロップとの相性も良いです。スライスした片隅に、メープルシロップをほんの少し垂らして頂きました。

丁寧に淹れた紅茶と、焼き立てのコーンブレッド、新鮮な野菜をたっぷり付け合せて。
気持ち良く晴れた休日にふさわしい朝食になりました。
# by pureandstyle | 2007-12-02 20:05 | Bread | Comments(2)
f0157538_2261670.jpg
木曜日に作った今年のクリスマスリース。
玄関ドアのペンキが乾いてから飾ろうとじっと待っていたのですが、12月に入った今日どうしても待ちきれなくなりました。
いかにもまだ乾ききっていなさそうなドアの一部を手で触ってみたら...あ、もう乾いてる!
厚く塗り過ぎたので、乾いていたのにまだ光っているようです。一部本当にまだ乾いていない箇所もありますが、リースを飾る部分は何とか大丈夫そうでしたので、今日リースをドアにつけることにしました。ペンキを考えるとやや見切り発車だけどもう今日飾るしかないでしょう!

我が家は玄関ドアにリース用のフックを取り付けていないので、テグスをドアの上から内外に下げ、先端にフックをつけてリースをかけています。
片側だけではバランスが取れないので、家の内側には母が昔作ってくれたパッチワークのリースを飾ります。
昨年作ったリースはこんな感じでしたが、今年はまた違った趣のリースになりました。こうして毎年、自分の手でリースを作って飾るのをクリスマスの楽しみの一つにしていきたいと思っています。
今年も昨年と同じく、生花のみを使用したフレッシュリースですが、昨年とは異なりベースにリース型のオアシスを使っていますので、昨年より青々とした姿をより長く楽しめそうです。
ドライのオレンジをアクセントに使い、グリーンもヒムロスギ1色ではなく数種のグリーンを取り混ぜたので、昨年より少し華やかな雰囲気になりました。

今年は教室に参加して作ったのですが、一緒に作った5人それぞれのリースが、同じ花材を用意してもらって作ったにも拘わらず皆それぞれ趣が異なるリースになりました。自分で作る世界に一つだけのリース。これから1ヶ月間、朝に夕に小さな幸せをもらえそうです。
# by pureandstyle | 2007-12-01 22:06 | Home&Interior | Comments(6)
f0157538_21425734.jpg
今日で11月も終わり。明日からもう師走、そしてこの寒さ。秋が去っていくのを感じます。
この秋は頂いた美味しいButternut Squashを使った料理やお菓子、栗を使ったデザート等、いつも以上に試作に精を出しました。こちらにUpする前に次の試作をしてしまうことも多く、まだ半分もこちらに載せていない状態ですが、これから折を見て少しずつUpしようと思います。時々季節感の無い日記が登場すると思いますが、お許し下さいね。

このモンブランも実は数週間前に作ったもの。
今月始めにモンブランを作りたいと書いた数日後に作りました。
無類の栗好き、そしてモンブラン好きなので、自分の誕生日ケーキにもモンブランを作りました。今回はそれに続いて2度目の挑戦です。

土台はさくさく、上はマロンクリームたっぷり、という2点は外せないポイントなので、今回もその形で作りました。そして今回は更に栗の渋皮煮を丸ごと1つ入れました。たっぷりのマロンクリームに大きな渋皮煮、ダブルで栗を楽しめる栗好きにはたまらない1皿です。

マロンクリームは先月茨城産の栗で作った自家製のマロンペーストを使って作りました。
美味しかったですが、和栗はフランス産のマロンペーストに比べて味がマイルドなので、栗の風味を前面に押し出す為にかなり大量のマロンペーストを使用しました。栗を茹でて、半分に切って中身をくり抜き、それをつぶして鍋で練り...と時間をかけたペーストがあっという間に無くなりました。
でも手間隙かけただけあって、モンブラン好きの欲望を十分に満たしてくれるケーキに仕上がりました。フランス産のねっとりした濃厚な風味のマロンペーストも好きですが、和栗の美味しさもやはり捨てがたいですね。

師走に入ると、おせち作りのスケジュールをそわそわ考え出すのですが、冷蔵庫に眠っている先月作った栗の甘露煮はまだ味を保ってくれているでしょうか。
昨年は引越の際ダメにしてしまって泣きを見たので、今年こそは自家製の栗の甘露煮で栗きんとんを作りたいものです。
# by pureandstyle | 2007-11-30 21:43 | Sweets | Comments(6)

運命の出会い

f0157538_21351974.jpg
日曜日に今月最後のレッスンを終え、月曜日に早速クリスマスツリーを出しました。
実はこれ、今年買い換えたツリーです。昨年迄使っていたツリーはロンドンで買ったもので、それなりに気に入っていたのですが箱が無い上に組み立て式では無かった為、収納するのが大変で出し入れする度にどんどん葉が傷んでしまっていました。
いつか買い換えたいと思い毎年デパートでチェックしてはいたものの、なかなか気に入った物が見つからず今年に至っていたのですが、先月の終わりにILLUMSにて遂に運命の出会いを果たしました。ツリーの高さも葉の広がり方も、大きなチェックポイントの一つだった足元(細いパイプでは無いものを探していました)も正に希望通り。その上これからシーズンに入るというのに何と30%OFF。更にそれが最後の一点と聞き(←これに弱い)、この出会いを逃したら後悔すると思い購入を決意しました。
早速すぐに飾りたかったのですが、11月のレッスンで家が既にクリスマスモードに入っているのもどうかと思い、1ヶ月待ちに待って今週を迎えました。

当初の予定では普通のグリーンのツリーを買うつもりでしたので、雪をかぶった姿は想定外でしたが、このうっすらとした雪と予め所々についている松ぼっくりのお陰で、オーナメントを何もつけなくても様になる姿です。
組み立ててみると、どの枝もある一定の位置まで広げると留まる様に作られており、バランスを考えながら枝を広げる手間がありません。(もしかして大きな物は皆そうなのかしら)
オーナメントは以前のツリーで使っていた物をそのまま使い、ツリーが大きくなった分を今年少し買い足しておいたのですが、飾ってみると雪化粧で既に飾られている為か、全てつけるとごてごてした感じになってしまったので半分以上取ってしまいました。このツリーはシンプルにすっきりと、また飾るものもキラキラしたものより光を抑えたものの方が合うようです。
写真のエンジェルは以前のツリーから使っているお気に入りのオーナメントです。ロンドンのクリスマスショップで買いました。3体あって、それぞれ違う楽器を持っているのですが、やはりハープを弾いているこのエンジェルが一番好きです。ハープといえば、毎年12月のレッスンでは1年間の感謝を込めてハープを一曲演奏しているのですが、今年はまだどの曲にするか決まっていません...来週に間に合うでしょうか。(汗)

サイドボードの上もクリスマス仕様に模様替えし、今日は「花よろず」さんで行われたフラワーアレンジメント教室で、玄関に飾るリースを作ってきました。
リースも早速飾って写真を撮りたいところなのですが、週末に塗ったペンキがまだ完全に乾いていないのであと数日おあずけです。濃い色にしたかったので、かなり厚塗りで2度塗りしたのですが、さすがに多過ぎました。あああ早く乾いてくれないかな。
玄関に飾る日が待ち遠しいです。
# by pureandstyle | 2007-11-29 21:35 | Home&Interior | Comments(6)