小さな幸せを大切に


by pureandstyle

<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

半年ぶりの再会

f0157538_21542757.jpg
今朝起きると、久しぶりに雨が止んでいました。
ここ数日は朝起きると雨が降っていて庭に出られなかったので、数日様子を見ていなかったハーブ達が気がかりでしたが、連日の嵐に倒されることなく皆無事でした。ああ良かった。その上嵐の中お花を咲かせたハーブもあり、幾つか切ってダイニングや玄関脇のスペースに飾りました。
こちらはダイニングに飾ったお花達。紫色のお花がチャイブ、白いお花はコリアンダーです。美味しい葉っぱを食べるには、どちらもお花を咲かせない(咲かせる前にカットする)方が良いのだと思いますが、どちらのお花も可愛いのでこうして楽しむのも良いものです。

今日は母の50年来のお友達が、遠路はるばる2時間半かけて母のお墓参りにいらして下さいました。母が亡くなってもうすぐ6年になるというのに、こうして半年毎に母に会いにいらして下さり、父共々感謝の気持ちで一杯です。大好きなお友達に会えて、母もきっと喜んでいることでしょう。
いらして下さるだけで嬉しいのに、今日もまた美味しいばらずしを作ってきて下さいました。色とりどりの具が沢山入ったそれはそれは美味しいばらずしです。今日娘と一緒に具の数を数えてみたら何と15種類もありました。その内一緒に煮たのはたった2つ、あとは全て1つずつ味を変えながら別々に煮るのだそうです。素晴らしい!季節毎に混ぜる具を変えておられるとのことで、今日も初めて頂く味が幾つかありました。どの具も上品な味付けで、それぞれの具が丁度良いバランスで口の中でご飯と共に一体になり、本当に美味しかったです。どうもありがとうございました!

お礼に焼き菓子を数種焼き、箱に詰め合わせてお渡ししました。
(写真を撮り忘れました...)
喜んで頂けますように。
by pureandstyle | 2009-05-31 21:55 | Family | Comments(0)
f0157538_2025718.jpg
ここ最近、週末のランチはパスタ作りが恒例行事となりつつあります。
今日のパスタはオレキエッテ。またまた「うちの食卓」からです。
オレキエッテとはイタリア語で「小さな耳」という意味。その名の通り、小さい耳たぶの様な形に成型するショートパスタです。数年前に一度作ったことがありますが、それ以降一度も作っていなかったので今日作るのはとても久しぶり。特別な道具は必要なく、気軽に作れるパスタです。

セモリナ粉と水を捏ねて休ませた生地を、千歳飴の様に棒状に形作り、スライスしたものをスパチュラナイフでまな板にこすりながらくるんと丸めてひっくり返します。この作業はきっと娘も好きだと思ったのですが、ナイフでこすりつけるのが結構難しかったようで苦戦していました。でも少しずつ慣れてきて、最後の数個はかなり上手に出来るようになりました。よかったよかった。

「うちの食卓」のレシピでは、このオレキエッテにブロッコリーとリコッタチーズを使ったソースを合わせていますが、チーズの代わりにチーズ風の味に仕上げたスクランブル豆腐を合わせました。(いつもレシピ通りに作らなくてごめんなさい)くたくたに茹でたブロッコリーをソースに使うのは大好きで、昨年9月のレッスンでもご紹介したのですが、今日はその時とはまた違った味のソースです。

小さくて可愛らしいオレキエッテにたっぷりのブロッコリーソース。とても美味しかったです。
が、ここ数日のパスタ作りで一つ疑問が...
先日買ってきたオーガニックの石臼挽きセモリナ粉を使っているのですが、石臼挽きだけあって香ばしさは楽しめるものの、セモリナ粉独特の風味が薄い気がするのです。これはこれとしてとても美味しいのですが、セモリナ粉に求めていた味とは少し違う感じ。デパ地下で買った一般的な(イタリア食材店やデパートでよく見かけるものという意味です)セモリナ粉の方が、求めている味に近い気がするのですが、気のせいでしょうか...多分石臼挽きのものの方が、栽培も製粉も何倍もこだわりをもって作られているものの筈なのに。
いえ繰り返しになりますがこれはこれで美味しいのです。でもその美味しさはセモリナ粉というより、スペルト粉に近い感じがします。うーむ...
来週再びデパ地下のセモリナ粉でパスタを作って味を比べてみようと思います。
何だかどっぷりパスタの世界にハマりつつある今日この頃です。

...と今日はここで終わりにする筈だったのですが
by pureandstyle | 2009-05-30 20:25 | Veg Cooking | Comments(8)

パピヨン

f0157538_2257479.jpg
今日も朝から冷たい雨。肌寒い1日でした。
午前中に焼き菓子数種を作ったのですが、涼しかったお陰でパイ作りがスムーズに進みました。ここ2日気温が低かったので季節の感覚がずれてしまいましたが、気がつけば来週からはもう6月。明後日には天気が回復して暑くなるとのことでしたので、パイ作りはまた暫くお預けです。

パイ本体を作って余った生地を集めて、パピヨンを作りました。
パピヨンとはフランス語で蝶のこと。その名の通り、蝶が羽を広げたような形をしたパイ菓子です。以前コルドンブルーで習ったことを思い出し、久しぶりに分厚いファイルを取り出してそこに書かれた手順で成型しました。
バターたっぷりの生地で作ると、ジュディ・オングの「魅せられて」の衣装(古!)の様にフワーッと大きく羽が開きますが、今日は少なめのオイルで作った上に余り生地で無理矢理作った為開き方が非常に控え目。(苦笑)見た目は今一つですが、味は美味しかったです。パリッとした食感と、ぱらぱらと散らした甜菜糖の甘さと香ばしさが美味しくて、つい作ったそばから次々に食べてしまいました。あーあ今日も食べ過ぎちゃった...
by pureandstyle | 2009-05-29 22:57 | Sweets | Comments(0)
f0157538_20483771.jpg
今日は何とかお天気がもつと思っていたのに、朝起きると今にも泣き出しそうな雲行きでした。庭仕事をしているとぽつん、ぽつんと雨が...あーあ降っちゃった。今日は午前中にテニスを楽しむ予定だったのですが、残念乍ら今日は中止です。
ぽっかりと午前中の予定が空いたので、今日のお昼はちょっと時間をかけて作りますか。

時間がかかる料理といって最近真っ先に頭に浮かぶのは手打ちパスタです。
これ迄は休日に娘と一緒に作っていましたので、一人で作るのは今日が初めてです。
一人で作ると、まあ何と作業の早いこと。(笑)手打ちパスタはとても時間がかかるものだと思っていましたが、一人で作ったら半分の時間で出来上がりました。娘とパスタを作るのは料理であると共に稀少(!)な親子遊び時間でもあるので、時間がかかってもそれはそれでいいのですが、こんなに作業時間に差が出るとはね...いやはやちょっとびっくりでした。

一人で作ってみて、気付いたことが幾つかありました。
1.パスタをカットする前に、パスタをよく乾かすべし!
いつもマシンのカッターにパスタが少しずつくっついてしまい、後からそれを取るのに苦労していたのですが、今日いつもよりカッターを通す前の乾燥時間を長く取ってみたら、全くくっつきませんでした!「うちの食卓」にもカッターを通す前にパスタを乾かすというようにと書かれているので、一応いつも少しは乾燥させていたのですが、娘と一緒に作るとこの段階で既にお昼時間を大幅に過ぎているので、いつも見切り発車でカッターに通していたのがいけなかったようです。次回からはもっと乾かしてからカッターに入れるようにします。
2.パスタの伸ばしは、心持ち厚めでストップすべし!
いつも「美味しいけれど、もう少しパスタが厚くてもいいかも」と思っていたのですが(ミルフィーユ状のラザニアを除く)、今日いつもより少し厚めの状態で伸ばすのを止めてみたところ、こちらの方が美味しく感じられました。もっと厚くてもいい位。娘はマシンのハンドルを回すのが楽しくて仕方ないので、一緒に楽しみ過ぎていたようです。次回は更に厚めにチャレンジしてみます。

そんなこんなで、いつもより簡単に美味しく出来上がったパスタに今日合わせたのはたっぷりのきのこです。
先日買った大粒のなめこと、エリンギのスライスをたっぷり入れました。この巨大ななめこは今迄にも何度か買ったことがあるのですが、いつもお味噌汁に入れるだけで終わっていましたので、ソテーするのは今日が初めてです。どちらのきのこもわんさかと山の様に入れたので、きのこの量がパスタの2倍近くありそうな勢い。にんにく少々と新玉ねぎを一緒にオリーブ油でソテーし、日本酒で香りづけしてパスタと絡めました。
仕上げに庭から切ってきたイタリアンパセリとチャイブを散らして完成です。

きのこで増量されて(笑)お皿に山盛り一杯あったのですが、あっという間になくなりました。
思ったより実は早く出来ることが分かった手打ちパスタ、これから益々登場頻度が高まりそうな予感です。
by pureandstyle | 2009-05-28 20:49 | Veg Cooking | Comments(0)
f0157538_2185420.jpg
昨日の続きです。
セブンマイルブリッジを渡り、やって来たのはアメリカ最南端の島キーウエスト。
ヘミングウェイを始め、多くの文化人達が愛した地としても知られています。マイアミ旅行の中で、一番行ってみたかった場所がキーウエストでした。
f0157538_21173470.jpg

キーウエスト名物のコンク貝です。貝殻の内側はこんなにも美しいピンク色。昔買ったマーサ スチュアートのインテリア本のカラーチャートに「Conch」という項目があり、とても上品な美しい色だったので、実物の色を見るのがとても楽しみでした。こうして貝殻も名物土産として売られていますが、中身も食べます。コリコリとした食感の貝で、フリットやコロッケにして食べることが多いです。他にキーウエストの味として有名なのは、名産品キーライムを使ったキーライムパイ。張り切って幾つかのお店で食べましたが、どこも歯が溶けそうに甘かったです...
f0157538_2110335.jpg

キーウエストには更なる名物があります。
夕暮れ時になると、海岸に何やら人が沢山集まってきました。
f0157538_21102231.jpg

日が暮れる頃には、こんなに観光客が一杯に。
皆のお目当ては...
f0157538_21183294.jpg
この夕日でした!
キーウエストは夕日が美しいことで有名なのです。私達もこの夕日を見ることがキーウエストを訪れた大きな目的の一つでした。セブンマイルブリッジ手前で大渋滞に遭い、間に合わないのではと気が気ではありませんでしたが、何とか間に合って良かったです。
海岸線にゆっくりと沈んでいく夕日は本当に美しかったです。そして夕日が沈むのを、こんなにも静かにゆっくりと眺めたのは初めてのことだった気がします。アメリカ最南端の地で、ただじっと夕日を眺める一時...かけがえのない貴重な時間でした。
f0157538_21111587.jpg


...とこんな感じで、旅の思い出を辿りながら試作をしています。
今回はキューバ料理ですが、キーウエストで食べた味やカンクンで味わったメキシコ料理の記憶も蘇ってきて、何だか色々作りたくなってきました。いつかレッスンにも「キーウエスト料理」(ピンポイント過ぎ!)やメキシコ料理も登場させたいと思います。

今日は黒豆のシチューその2を作りました。この料理は少し時間を置いて味が馴染んだ方が美味しいと思いますので、明日昨日作ったものと今日作ったものを食べ比べてみるつもりです。
キューバ料理を作る為に、ずっと捜し求めていた食材も一昨日遂に入手しました。見つかって良かった...
初めてのキューバ料理、きっと皆様に喜んで頂ける味になったのではないかと思います。来月は初めてレッスンにご参加下さる方も何人かいらっしゃるのですが、初めましての方も、ずっと通って下さっている方も、初のキューバ料理をどう感じて頂けるか、ご反応がいつも以上に楽しみです。

何だかすっかり懐かしくなり、数年前の旅行記を2日に亙って長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合い下さった皆様、どうもありがとうございました。
マイアミ&キーウエスト、いつかまた訪れたいです。
by pureandstyle | 2009-05-27 21:13 | Travel | Comments(4)
f0157538_22303149.jpg
先週から、少しずつ来月のCookingレッスンの試作をしています。
来月のレッスンは初のキューバ料理。いつもレッスンの最後に来月のレッスンの予告(!?)をするのですが、今月レッスンにいらして下さった生徒さん達は、来月の予告を聞いて皆さん一様に「えーっ!」と驚いた顔をされていました。確かにキューバ料理ってあまり馴染みがないですよね。
でも実は来月のメニューは、かなり前からいつかやりたいと思い心の中で温めていたものです。数年前マイアミに住んでいた知人を訪ねてカンクンとマイアミを旅行したのですが、その時知人が案内してくれたマイアミのキューバ料理店の料理がとても美味しくて、ずっと心に残っていました。知人曰く、マイアミにはキューバ料理店が多く、安くて美味しいのでお勧めなのだそうです。マイアミに来たら是非食べて欲しい味なのだとか。確かにどの料理もとても美味しかったです。特に印象的だったのは、黒いお豆のシチューをご飯にかけた料理。日本で食べるお豆の煮込みとは全然違う味で、ちょっぴりスパイシーだけれどマイルドで、幾らでも食べたくなる美味しさでした。その時の感動の味を是非皆さんに伝えたくて、来月のキューバ料理を企画したという訳です。

先週メニュー作りをする際、マイアミで食べた時の感動を思い起こすべく、久しぶりに旅日記を紐解きました。私の脳は多分、いえきっと間違いなく中学3年生をピークに衰退の一途を辿っており、一度覚えたこともすぐ忘れてしまうのですが、美味しいものの記憶だけはずっと残っています。一度食べた美味しいものの味は忘れない、というのが、いつでもどこでも寝られるということと共に数少ない特技(?)の一つです。数年前に訪れたマイアミのキューバ料理店で食べた味も大体はすぐ思い出せたのですが、旅日記を読むと更に味の詳細が蘇ってきました。ああ美味しかったなあ...その時の感動を思い出しながら試作を進めています。今日は遂に一番作りたかったお豆のシチューを作ってみました。自画自賛乍らとても美味しい!!珍しく1度目にして思い描く味になりました。もうこれで完成!といきたいところですが、念の為少し材料を変更したレシピでも作って比較し、それでもやはり今日の味が一番美味しければレシピ完成にしたいと思っています。

旅日記を読みながら、食べたものだけではなく楽しかった旅の記憶も蘇ってきました。
数年前の写真で恐縮ですが、思い出も交え少しだけUpします。

f0157538_2231361.jpg

知人が船をレンタルしてくれて、皆でクルーズを楽しみました。
海から眺めるマイアミの街。潮風が気持ちいい!
f0157538_2232249.jpg

こんな豪華な船がいっぱい。確かどれも個人蔵だった気が...お金持ちのスケールが違います。
f0157538_22333475.jpg

夜には知人お勧めのキューバ料理店へ。お店は違いますが、正にこんな感じのお店でした。

翌朝早起きして向かった先は...


f0157538_22353558.jpg

ヘミングウェイが愛した地として有名なキーウエストです。
7 Miles Bridgeという長い橋を渡ります。この橋からの眺めが最高!

f0157538_22355082.jpg

この橋の先にあるのは...(明日へ続く)
by pureandstyle | 2009-05-26 22:36 | Travel | Comments(2)

来月のLesson

f0157538_21304162.jpg
来月のレッスンのお知らせです。
来月のCookingはキューバ料理です。梅雨の季節の6月は、じめじめしたお天気と共にどんよりしがちな気分を発散出来る様、毎年ちょっとパンチが効いた料理をご紹介しています。今年は初のキューバ料理に挑戦!以前旅したマイアミで出会った美味しいキューバ料理を、野菜たっぷりの一皿にアレンジしてご紹介します。

日程...9日(火) 10日(水) 14日(日)

Breadの初級クラスのテーマは「Tea」、紅茶ロールと抹茶ブレッドを作ります。
アールグレイの薫り高い紅茶ロールと、抹茶と黒豆の出会いが美味しい抹茶ブレッド。朝食にもティータイムにもぴったりなメニューです。
中級クラスのテーマは「Complet」、全粒粉がたっぷり入った香ばしいコンプレ1/2と、ドライフルーツやナッツがぎっしり詰まったメランジェを作ります。

日程...17日(水) 22日(月)or23日(火) 24日(水) (初級) 21日(日) (中級)


ご興味ある方は メール (pureandstyle@gmail.com ) もしくは鍵コメントにてご連絡下さい。よろしくお願い致します。

皆様のご参加をお待ちしています!


(写真は数年前に旅したマイアミの海辺。旅の記憶を辿りながら試作を進めています!)
by pureandstyle | 2009-05-25 21:31 | Pure & Style | Comments(0)
f0157538_2271387.jpg
今日は1日雨が降ったり止んだり。
午前中ゆっくり庭仕事をしようと思っていたのですが、外に出て少しすると大粒の雨が降ってきました。
慌てて部屋に入ると雨は一旦止みましたが、またいつ降り出してもおかしくない雲行きでしたので、庭仕事は明日以降に持ち越して部屋の中で過ごすことにしました。
ぽっかり空いた時間を何に使いましょうか...そうだ、こんな時こそ時間がかかる料理にチャレンジ!
という訳で、すぐ作りたいと思っていたのになかなか時間が取れずに作れなかった、「うちの食卓」のラザニアに挑戦することにしました。

先日著者のTaekoさんのブログで拝見した、お肉のラグーソースの代わりに茄子のソースでラザニアを作る、というアイディアを拝借し、チーズはカットしてホワイトソースは豆乳ベシャメル、と100%植物性の材料で作りました。茄子のソースはショートパスタと楽しもうと思い先週作ったのですが、レッスンその他でランチにゆっくりパスタを楽しめる日が無く、そのまま冷蔵庫に眠らせておいたものがあったのでそれを活用しました。
良かった、先週食べてしまわなくて。(笑)

このラザニアの大きな特徴は、薄くうすーくラザニアを伸ばすことにあります。
どんなに薄くするかというと、先が透けて見える位!その薄く伸ばしたラザニアをミルフィーユの様に幾重にも重ねて作るのです。麺棒で伸ばしても伸ばせないことは無いと思いますが、今日はパスタマシンにて。
以前は戸棚の奥の奥にパスタマシンを収納していたので、使う度に出し入れが面倒だったのですが、先々週キッチンを整理した際、パスタマシンを手前の引き出しに移したので今日は出し入れがとても楽でした。収納場所を変えたお陰で、これから益々パスタ熱に拍車がかかりそうです。

ラザニアの生地が完成したら、茄子のソースと豆乳ベシャメルを順番に塗って重ね、イタリアンパセリをふってオーブンへ。こんがりと焼けたら完成です!

初のミルフィーユみたいなラザニア、生地を捏ね始めてから完成迄2時間近くかかりましたが、時間をかけただけの甲斐はあるとびっきりの美味しさでした。生地を薄く伸ばすので、ラザニア特有の重さが無く、するするっとお腹に入っていきます。これなら幾らでも食べられそうです。
ただ今日は失敗が一つ...ベシャメルに加えるほうれん草を入れ過ぎました。(汗)チーズを入れないのだし、たっぷり具が入っている方が美味しいでしょうと山の様にわんさか入れてしまったのですが、明らかに入れ過ぎ。ほうれん草の味が強過ぎました。次回はちゃんと適量を守って入れることにします。

ふんわり軽くて美味しい「ミルフィーユみたいなラザニア」。
時間がゆっくり取れそうな休日のお昼に、また是非作りたいと思います。
by pureandstyle | 2009-05-24 22:07 | Veg Cooking | Comments(2)
f0157538_21164670.jpg
今日は真夏の様に暑い1日でした。
終日法事で外出していたのですが、帰宅後1日の疲れと暑さとで冷たくて甘い物が食べたくなりました。
お、そういえば冷蔵庫に丁度いいものがあった筈、と冷蔵庫の棚を探ってみたら、ありました。丁度今食べたいものが!
先日試作で作り、1度で食べ切るには多過ぎたので冷蔵庫にしまってあったチョコレート風味のデザートです。見た目はムースにも見えますが、もっととろっと柔らかく仕上げています。スプーンですくいながら食べるクリーム風のデザートです。豆乳にココアと米飴を混ぜ、玄米粉でとろみをつけました。シナモンやカルダモンを加えたので、ちょっぴりスパイシーな風味です。

トッピングに、オートミールとレーズン、胡桃で作ったクランブルをのせました。カリッとした食感がアクセントになっています。このトッピングもノンオイル、ノンシュガー。さっぱりしたクランブルです。

ちょっぴりくたびれた体に、喉越し良い滑らかな食感と程よい甘さが心地良く、ココット1個分を食べたら一気に元気になりました。
疲れた時には甘いもの。それも体に優しい甘みだったら尚良し!ああ美味しかった。
by pureandstyle | 2009-05-23 20:48 | Sweets | Comments(0)

ノワ VS ピーナッツ

f0157538_2130985.jpg
今日はパン初級レッスンでした。
お天気が心配でしたが、朝から時折眩しい陽射しが注ぎ、気温も高くパン日和となりました。発酵もとてもスムーズに進み良かったです。今日遠足だった娘が、昨日皆で作ったというてるてる坊主が効いたのかしら?パンレッスンも遠足も、良いお天気に恵まれて良かったです。

今日は初めてレッスンにいらして下さった方、いつもと異なる曜日にいらして下さった方等がいらして、はじめましてのお顔合わせの方が多かったのですが、パン作りの話題から始まり和気藹々とレッスンが進みました。
レッスン初参加の方に、ブログかHPでこの教室のことをお知りになったのですか?と伺うと、通っておられるお花の教室の先生から教室のことをお聞きになったとのことだったのですが、そのお花の教室は何と昨年末からレギュラーでレッスンにご参加下さっている生徒さんとご一緒の教室でした。その方も今月のパンレッスン日は今日でしたので、偶然の出会いにびっくり。まその方がお花の教室の先生、ここの教室のことをお話下さったのだそうです。ご紹介下さりありがとうございました!

パンオノワ&ピーナッツロール、今日もどちらも喜んで頂けて良かったです。
昨年のレッスンでは、ピーナッツロールの方が人気が高かったのですが、今年は皆さんどちらも同じ位気に入ったとおっしゃっていました。今年のナッツ対決は両者引き分けです。

来月は「Tea」をテーマにしたパンを作ります。
来月もどうぞお楽しみに!
by pureandstyle | 2009-05-22 21:35 | Pure & Style | Comments(2)