小さな幸せを大切に


by pureandstyle

<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0157538_2043824.jpg
来月のLessonのお知らせです。

来月は通常レッスンは夏休みとさせて頂き、代わりに夏休みSpecialとして親子Cooking教室を開催致します。
今年のテーマは「玄米」。お子様達にもお母様方にも是非玄米の美味しさを味わって頂きたく、玄米を使った2品をご提案することに致しました。1品目は玄米を使ったライスサラダです。さっぱりと炊き上げた玄米に、コーンや枝豆等子供が大好きな野菜をたっぷり混ぜ合わせ、この季節に食べやすい味に仕上げました。2品目はバナナのキャラメリゼ 玄米粉のアングレーズソース添えです。とろりと甘くソテーしたバナナに、玄米粉を使った優しい甘さのアングレーズソースをかけて頂く、簡単でおシャレなデザートです。

日程...8日(木) 12日(火) 14日(木)  18日(月)  19日(火)
時間...10時30分~12時30分
料金...親子ペアで4000円
   (お子様を2人以上お連れの場合は、お1人追加につき+1000円)

参加ご希望の方はメール (pureandstyle@gmail.com ) もしくは鍵コメントにてご連絡下さい。
よろしくお願い致します。

(写真は昨年の親子Cooking教室の様子です)
by pureandstyle | 2008-07-31 20:04 | Pure & Style | Comments(2)

新国立劇場へ

f0157538_23495673.jpg
バレエのワークショップの後、娘と新国立劇場へ出かけました。
夏休み特別企画として行われた、劇場探検ツアーに参加する為です。予約したのが数ヶ月前で、然もチケットレスでしたのでうっかり忘れそうになりましたが、覚えていて良かった。(笑)

オペラシティのコンサートホールには何度か足を運んだことがありますが、新国立劇場へ入るのは今日が初めてでした。入り口を入ると、階上からオペラの衣装を着た人形達が出迎えてくれます。いつかオペラの鑑賞でも是非訪れてみたいです。

探検ツアーは約1時間かけて、劇場のステージや舞台裏を見学して回るというものです。簡単に説明を受けながら各部屋を回るだけかと思いきや、ツアー全体がストーリー性のあるショーの様な内容となっており、ゲームあり、ピアノの演奏あり、合唱ありと盛り沢山な1時間でした。保護者は劇場の観客席で待つので、前半と後半は見られましたが中盤ステージ内部に入ってからは見ることが出来なかったのですが、娘の話では宝探し等をしたのだそうです。途中誰かピアノを弾ける人はいるかと聞かれ、真っ先に手を挙げて1曲弾かせて頂いたとか。度胸があるというか、恐いもの知らずというか...(冷汗)

ツアー終了後には出演者の皆様と記念撮影。
夏休みのとても良い思い出になりました。ありがとうございました!
by pureandstyle | 2008-07-30 23:50 | Art | Comments(4)

温かいファミリー

f0157538_20591197.jpg
先日、10年ぶりにテニスの楽しさを思い出させてくれた先輩からお誘い頂き、朝8時からテニスを楽しんできました。今日のメンバーは先日もご一緒だった先輩のお友達と、先輩のご両親、そして先輩の義理のお父様、そして私の6人。あまりの暑さに、先日にも増して体力の無さを露呈してしまいましたが(テニスコート迄自転車で20分、坂道をえっちらおっちら上って行ったので到着時点で既に体力の大方を使い果たしてました...)今日もまた楽しかったです。先輩はテニス一家で、ご両親も義理のご両親も、そしてご主人様もテニスを楽しまれるので、ご家族皆さんでよくテニスをなさっているとか。いいですねえ。今日初めてお会いした先輩のご両親も義理のお父様も皆さんとても良い方で、ご家族の仲の良さが窺われました。また是非ご家族テニスにお邪魔させて下さいね!週1でテニスをなさっている皆様に負けぬ様、毎朝壁打ちして鍛えておきます。(ウソです)

温かいファミリーといえば、先日作ったコーンブレッドはアメリカのファミリーの味、といったイメージを感じさせるクイックブレッドです。今迄にも何度か作っていますが、今回はまた配合を少し変えてみたところ、今迄よりしっとり感がアップし、格段に美味しくなりました。今回の配合がベストかも!忘れないようにメモしておかなくちゃ。
穏やかな休日の朝に、のんびり家族で食べたくなる様な、素朴で温かい味です。
by pureandstyle | 2008-07-29 21:05 | Bread | Comments(4)

レモン風味のトライフル

f0157538_21112155.jpg
今日から4日間、東京芸術劇場で行われるバレエのワークショップに娘を連れて行ってきました。
豊島区が主催する教室で、ドイツのライプチッヒバレエ団のプリンシパルを務めたバレリーナの方から、何と無料で4日間バレエを指導して頂けるというものです。幼稚園でモダンバレエを習っていたものの、その後バレエに触れることなく数ヶ月を過ごした娘はすっかり体が固くなっており、最初の前屈姿勢から早くもつまづいていましたが、楽しそうに体を動かしていました。

無料のワークショップとはいえ、トゥシューズやタイツ、ウェアは用意しなければならなかったのですが、バレエを習っているお友達のお母様が小さくなったシューズやタイツを貸して下さいました。(体が小さい役得です!?)
今日はそのお礼にと、朝からお菓子を2つ焼きました。レモンとポピーシードのケーキと、オレンジの皮とジュースをたっぷり入れたシトラスケーキです。余裕だと思っていたのに、実際に焼き上がったのは家を出る時間の10分前で(またしてもいつものパターンです...)、冷ましてラッピングをする時間が無く会場でお渡しすることが出来ませんでした。ワークショップ終了後一旦家に帰り、ラッピングしてお渡ししようと思ったのですが、暑い日にはひんやりしたデザートの方が美味しいと思い直し、ポピーシードのケーキを急遽冷たいデザートに変身させました。

エンゼル型で焼いたケーキを小さめの角切りにし、カップに入れます。
お豆腐をホイップクリームの様に仕立て、角切りにしたケーキに乗せます。
それを数回繰り返してミントを飾れば、ひんやりトライフルの出来上がり!
箱に入れて冷蔵庫でお渡しする直前まで冷やし、カットしてラッピングしたシトラスケーキと一緒にお渡ししました。

レモン風味のトライフルというと、普通クリームにレモン汁や皮を混ぜてレモン風味にするのですが、今日はスポンジがレモン風味。ちょっと味見してみましたが、生地にたっぷり混ぜたレモンの皮の爽やかさとポピーシードのぷちぷちした食感、ひんやりなめらかなクリームの甘さが良い感じにまとまっていたと思います。
お渡ししたお母様、お友達にも喜んで頂けますように。
by pureandstyle | 2008-07-28 21:11 | Sweets | Comments(2)

籠を編む

f0157538_20594862.jpg

目白庭園で行われた、籠編み教室に参加してきました。
親子で1つの籠を編みます。籠好きなので、一度自分で作ってみたかったことに加え、会場が一度入ってみたいと思っていた赤鳥庵でしたので、とても楽しみでした。

赤鳥庵は目白庭園の池のほとりに佇む和風建築の建物で、お茶会やお琴のコンサート等が時々開かれています。目白庭園を訪れる度にこちらにも行ってみたいと思っていたのですがなかなか機会が無く、今日初めて中に入ることが出来ました。池を臨む窓が大きく取られ、日本庭園を眺めながらゆったりとした時を過ごすことが出来ます。ここで開かれるお茶会やコンサートにも、いつか是非参加してみたいものです。

籠を編むのは初めての経験でしたが、なかなか面白かったです。
先生の細やかなご指導のお陰で、親子揃って不器用な私達でも何とか形にすることが出来ました。
いつかパンレッスンにも登場させたいと思います。
by pureandstyle | 2008-07-27 20:59 | Others | Comments(2)

つるつる ぷるん

f0157538_20261063.jpg
ひんやりと喉越しの良い和菓子が食べたくなり、葛まんじゅうを作りました。
火にかけた葛粉を勢いよく練る間は暑くてたまりませんでしたが、出来上がった生地はつるんと透明で涼やかです。
冷蔵庫に小豆を煮たものをストックしていませんでしたので、代わりに茹で枝豆をつぶしてずんだ餡にし、葛の皮で包んで冷水に浮かべて固めました。

味のバランスとしては、ずんだ餡よりコクがある小豆餡の方が葛の皮に合う気がしましたが、枝豆のグリーンが透明な皮越しに透けて見える様は爽やかで美しく、見た目はこちらの方が気に入りました。和菓子は季節感や見た目も大切にするお菓子ですから、これはこれで成功だったと思うことにしましょう。

葛は体を温める食材ですが、葛まんじゅうのつるん、ぷるんとした食感は夏に美味しい舌触り。
ずんだ餡と色を合わせて久々に淹れた緑茶と共に、美味しく頂きました。
by pureandstyle | 2008-07-26 20:26 | Sweets | Comments(0)

小さな成長

f0157538_22503988.jpg
今日も暑い1日でした。
作ってみたいものが幾つかあり、またしても昼間オーブンを使っていたのですが、焼き上がった後遂に冷房に手を出しました。この猛暑の中、レッスン以外ではまだ1度も冷房を使っていなかったので今日が初めてです。家中の窓を開けて風を通せば、暑いことは暑いけれど耐えられない程ではなかったので今迄冷房をつけていなかったのですが、さすがに今日の暑さには参りました。オーブンの熱も加わり、室内温度はかなり高くなっていたのではないでしょうか。(計らなかったけれど)28℃の省エネ温度で小1時間程つけただけでかなり涼しくなりました。

涼しいお部屋で試作したパン3種とサラダをお昼に食べた後、娘と二人でおやつに白玉を作りました。白玉は親子で楽しく作るにはもってこいなおやつなのですが、母親がせっかちな為(!)ゆっくり二人で作るのは久々です。
一昨年、夏休みに初めて親子Cooking教室を開催した時、メニューの1つに白玉を取り入れました。娘は全日程参加し、何度も何度も同じものを作りました。でもいつも白玉の大きさがまちまちで、作るスピードもかなり遅かったのですが、今日はどれも私が作ったお手本とほぼ同じ大きさに出来ました。スピードもかなりアップしていてちょっと驚き。一昨年の夏以降も何度かは一緒に作ったのですが、今日は一番上達を感じました。見た目はあまり変わっていなくても、中身は少しずつお姉さんになっているのだなあとしみじみ思った一時でした。その後一緒に出かけたバレエ鑑賞会で、久しぶりに会ったお友達ときゃあきゃあ騒いでいる姿は幼稚園時代と全く変わっていませんでしたけれど...

今年の夏休み親子Cooking教室のメニューもあと一歩で完成です。
現在日程調整中ですが、5日間ほど開催することになりそうです。
可愛い生徒さんにお会いするのが今から楽しみです。
by pureandstyle | 2008-07-25 22:50 | Family | Comments(6)

グレープフルーツパイ

f0157538_208443.jpg
娘の小学校の同級生のお宅へ親子で遊びに行ってきました。
とても素敵なマンションにおシャレにお住まいで、マンションのエントランスで「素敵ねー」、部屋に入って「素敵ねー」、バルコニーを眺めて「素敵ねー」、何度も連発してしまいました。
今日伺ったのは私達親子と、同じクラスの男の子とママの二組。お二人のママとは先日懇親会で初めてお話したのですが、とても気が合ってこれからずっと仲良くして頂けそうな感じ!今日も後からいらしたご近所のママも交え、4時間近く大いに盛り上がりました。娘に続き私も小学校で素敵なお友達が出来、これからの小学校ママ生活を楽しんでいけそうです。

今日は持ち寄りランチで、私はサラダとデザートを担当しました。
サラダにはビネガーをたっぷり使ってさっぱり仕上げたポテトサラダと、いんげんと人参の中華風サラダを。デザートには爽やかなグレープフルーツのパイをお持ちしました。
このグレープフルーツパイは、以前少しの間勤めていたケーキ屋さんで出していたパイをアレンジしたものです。この暑い中パイの折込は厳しいので練りパイの手法でパイ生地を作りました。甘みはつけず、味は小麦の味と塩味のみ。折込をしていないのでふわっと持ち上がる感じにはなりませんが、さっくりと軽い食感に仕上がりました。冷ましたパイにレモンをたっぷり入れた爽やかなクリームを流し込み、グレープフルーツを乗せ、りんごジュースと寒天で作ったグレーズを塗って仕上げました。
このレモンクリームは今回初めて挑戦してみました。レモンカードと同様の手法で作る本来のレモンクリームには卵黄を沢山入れるのですが、玄米粉を使ってとろみを出し、卵黄無しで良い感じにまとまりました。甘酸っぱい風味が爽やかなこのクリーム、他のデザートに使っても美味しそう。喉を通る爽やかな酸味が、涼しい風を運んでくれそうなクリームです。
by pureandstyle | 2008-07-24 20:08 | Sweets | Comments(6)

バナナカスタードタルト

f0157538_2136181.jpg
先日、久しぶりにバナナを買いました。
来月の親子Cooking教室で作るデザートの試作をする為です。今年は「玄米」をテーマにしたレッスンにしたいと考えており、2品の内の1つに玄米粉で作るアングレーズソースをかけたバナナのデザートを考えています。熱帯産のバナナは体を冷やすので良くないといわれますが、この暑さですし、たまには良いかなと。また子供達には大人気の食材ですから、来月いらっしゃる小さな生徒さんにはきっと喜んでもらえるでしょう。

3本セットのオーガニックバナナを何度か買って試作を続けています。美味しさのサインであるスイートスポットが出る迄待ってから試作をするのですが、この暑さでひとたびスイートスポットが現れると、あっという間に完熟し、更にそれを過ぎて美味しさのピークを逃してしまいます。
かといってバナナを3本1度に食べることは出来ないので、1本は娘と半分ずつ朝食に食べ、1本は試作に使い、残りの1本はレモン汁でマリネして冷蔵庫に入れました。

今日はそのマリネしたバナナを使い、バナナカスタードタルトを作りました。
甘さ控えめのさくさくタルトの上に、玄米粉で作ったなめらかなカスタードクリームを敷き、マリネしたバナナを並べ、上にお豆腐で作ったクリームをぽんぽんと乗せ、メープルシロップを回しかけました。
この暑い中クリームを2種類作り、オーブンでタルトを焼き、ついでに調子に乗ってクッキーまで焼いたので、作っている間は暑くてたまりませんでしたが、冷蔵庫でタルトを冷やしている間に一息つき、熱いお茶と共に頂いたひんやり冷たいタルトはたまらない美味しさでした。

来月のデザートの試作もあと1歩で完成です。
次に買うバナナの試作の残りも、また別のデザートに変身させようと思います。
こうなったらこの夏は、「バナナデザートの夏」と銘打って幾つも作ってみようかしら。またしても試作熱に燃える今日この頃です。
by pureandstyle | 2008-07-23 21:44 | Sweets | Comments(2)

赤と緑のグーズベリー

f0157538_2141313.jpg
今月、小さな庭にグーズベリーが仲間入りしました。
イギリスではポピュラーなベリーなのですが、日本では滅多にお目にかかることがありません。それが昨夏に偶然青山のガーデニングショップで見かけ、可愛らしさと懐かしさに思わず飛びつきそうになりました。でもこのベリー、見た目は可愛いのですが味はかなり酸っぱくて、イギリスでも生食よりジャムにする方が多く、甘みをたっぷり入れないと美味しくないのはちょっと...と思い、結局昨年は買いませんでした。

でも今年もベリー類をガーデニングショップで見かける季節になると、やはりあのグーズベリーが欲しくなってきました。デザートの飾りにするだけでも十分可愛いし、やっぱり今年こそは買おう!と思い昨年と同じお店に行ってみると、今年もありました!良かった!!
1年越しの夢叶い、遂に我が家へやってきたグーズベリー。実つきの良い苗で、既に20粒近く実がついていました。このまま食べると酸っぱいし、どうやって食べようかとPCであれこれ調べていると、赤くなる迄熟させると生でも甘くて美味しいと幾つかのサイトに書かれているのを発見。イギリスでは緑色の状態で採っていたので、そういうものかと思っていたのですが、赤くなる迄待っていても良いのですね。初めて知りました。

という訳で暫く熟すのを待ち、赤くなったところを食べてみると、甘くて美味しい!これなら生で十分美味しく頂けます。
もしかしたら本来の食べ方、持ち味としては緑色の状態で食べる方が良いのかも知れませんが、我が家ではそのまま美味しく頂く為に、これからも赤く熟すのを待つことにします。
あと数粒は収穫出来そうなので楽しみです。

昨年植えたブルーベリーの実も段々色づいてきました。こちらも昨年より実つきが良さそう。
小さな庭でのブルーベリー狩り(という程の量ではありませんが...)も楽しみです。
by pureandstyle | 2008-07-22 21:04 | Gardening&Flower | Comments(0)