小さな幸せを大切に


by pureandstyle

<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0157538_21431670.jpg
今日は母の日。
今月、いえ先月から、デパートは母の日向けの商品がいっぱいで、昔会社帰りに今年は母に何を贈ろうかとあれこれ見て歩いたことを思い出しました。
プレゼントはもらうのは勿論嬉しいけれど、あげるのも嬉しいもの。プレゼントは何にしようかと迷う時間も好きです。ケーキやお菓子、パンをプレゼントする時は、どんなデコレーションにするか下手な絵を描いて考えたり、素材の組み合わせや配合を考える時間がそれに当たります。これもとても楽しくて、1種類の物を考えれば良いものをついとまらなくなって何種類も作ってみることもしばしばです。
プレゼントというのは実はあげる側、もらう側双方にとってのプレゼントで、もらう側は勿論そのプレゼントそのものが、あげる側はプレゼントをあげる人であると共に、品物を選ぶ楽しさや、もらった時の相手の笑顔をプレゼントしてもらっていると思います。

1年に1度の母の日。
プレゼントをもらう人も、あげる人も、家族の大切さや感謝の気持ちを感じることが出来る日です。
by pureandstyle | 2008-05-11 21:43 | Others | Comments(2)

黒豆ロールケーキ

f0157538_21174424.jpg
久しぶりにロールケーキを作りました。
ここ数ヶ月試行錯誤を繰り返している、卵、BP,重曹不使用のスポンジ生地です。
ロールケーキ用に薄めに焼いてみたのですが、本来は火通りが良くなる筈が何故か今一つ。水分がちゃんと飛んでおらず、もっちり感が強いロールケーキとなってしまいました。
そういうものだと思って食べればそれなりに美味しいのですが、求めていた食感とは大分異なります。うーん再チャレンジだな、これは。

フィリングには薄味に煮た黒豆で作ったホイップクリーム。
トップにも同じクリームを飾り、艶やかな黒豆をちょこんと乗せました。
手でもつまめる、一口サイズのロールケーキです。

来週水曜日に誕生日ケーキのオーダーを承りました。
リクエストは「どっしりした食感のケーキ」とのこと。最近シフォンの様なふわふわした食感を求めた試作ばかりしていたので、どっしりケーキを作るのは久々。でも私もどっしり系も大好きです。久しぶりに作るどっしりケーキ、作るのも感想を伺うのも楽しみです。
ご本人様は勿論のこと、ご家族の皆様にも喜んで頂けるケーキを目指し頑張ります!
by pureandstyle | 2008-05-10 21:16 | Sweets | Comments(0)

アプリコットブレッド

f0157538_21302287.jpg
アプリコットを入れたパンを作りました。
ドライアプリコットを暫く水に浸して柔らかくしてから細かく刻み、生地にたっぷり混ぜました。
アプリコット独特の甘酸っぱさが何ともいい感じ。いつもより少し多めに配合した粗挽き全粒粉の香ばしさともよく合っていたと思います。

ドライアプリコット=干し杏というと、あんみつの上に乗っている鮮やかなオレンジ色を想像される方も多いと思いますが、私が使っているのはもっと黒っぽくて見た目はあまり美しくないものです。あの美しいオレンジ色は漂白剤や着色料によるものがほとんど。それらを使わずに作られたドライアプリコットは見た目は良くありませんが、味と安心感はこちらが上です。

渋い色のアプリコットをいれたこのパンは、割ってみるとアプリコットというよりちょっと色が褪せた(!?)レーズンが入っている様な感じですが、一口食べれば味は全く違います。
Pure&Styleの定番、プチレーズンも大好きなパンの一つですが、同じドライフルーツでもこのアプリコットブレッドはまた一味違う美味しさで、初挑戦乍らかなり気に入りました。

今月のパン&お菓子販売のパンメニューにしようかとも思いましたが、今月は季節柄是非蓬入りの食パンを召し上がって頂きたかったので、今月は見送りました。
でもいつか、何か他のメニューと組み合わせて月1度の販売にも取り入れてみたいと思います。
by pureandstyle | 2008-05-09 21:30 | Bread | Comments(0)

リサイクルバッグその2

f0157538_20342964.jpg
先日の子供ポシェットに続き、手作りバッグ第2弾。
子供バッグ2種と、自分用のプチバッグです。
手前のブルーのバッグは先日のポシェットと同じく、小さくなった娘のズボンを利用して作りました。こちらはポシェットには少し大きいので、共布で小さな取っ手をつけたバッグに。予め刺繍してあった布の大きさに合わせて作ったら、このバッグいつ使うんだろう...という微妙な大きさになりましたが、大きいバッグの中に入れるサブバッグとしてなら使い道がありそうです。

奥の紺地に刺繍をアップリケしたものは、実家に忘れ去られていたバッグを活用したもの。多分何かのノベルティだったのだと思います。子供が丁度持ちやすいサイズでしたので刺繍をつけて子供向けバッグに変身させました。小さい割には結構たっぷり入ります。先週末は図書館に持っていきました。さすがに借りた本全部は入りませんでしたけれど。

奥のバッグは自分用のバッグ。これも娘が着られなくなったジャンパースカートを利用して作りました。分厚い生地を重ねて縫うので、一針進めるのにかなり力が要りました。横長のショルダータイプにしたのですが、横幅が少し大き過ぎたようで沢山入れないとへなっとしてしまうのが難点。でも近所の買物程度なら問題なく使えるので、時々使っています。娘は手前の刺繍つきバッグを使う時、おそろいにしようよとこのバッグを持たせたがります。よく見ると結構違う生地なんですけどね...まあいいか。
by pureandstyle | 2008-05-08 20:36 | Others | Comments(4)

遂に我が家へ

f0157538_204179.jpg
先日、九州の陶芸家である熊谷守さんの守窯から素敵な器が届きました。
2月末に感動の再会を果たした時にお願いした器です。お忙しい合間を縫って新たに焼いて下さった器、梱包もとても丁寧にして下さっており、どれも完璧な状態で到着しました。

迷いに迷って今回お願いしたのは、そば猪口と可愛らしい小皿です。
それぞれ単品でも使えますし、小皿の上にそば猪口を置いてセットにしてもいい感じです。
更に新作の小皿(3枚の真ん中です)も1枚プレゼントして下さいました。これも素敵!ナッツやドライフルーツを入れて、2月に頂いた盃と一緒に楽しみたいです。

早速お礼の電話をしたところ、熊谷さんは外出中で奥様が電話口に出られました。
ブログを見て下さったとのこと、嬉しかったです。ありがとうございました。
また東京に出展される折にはご連絡下さいとお願いしましたところ、テーブルウェア展とWAZA展には毎年出展されているとのことでしたので、これからは毎年2月にお目にかかることが出来そうです。
母の分も、これから少しずつ素敵な器を集めていきたいと思います。

一年で一番寒さが厳しい2月、お正月が過ぎると毎年「ああ早く3月になって暖かくならないかなあ」と思っていましたが、来年からは1年の中でも特に待ちわびる月の一つとなりそうです。
by pureandstyle | 2008-05-07 20:04 | Others | Comments(4)

葉っぱも手作り

f0157538_20143198.jpg
昨日の約束通り、今日の午後娘と一緒に柏餅を作りました。
が、実は大きな問題が...肝心の柏の葉がどこにも無いのです。
近くのデパートの売り場2ヶ所は数日前から売り切れ、新宿の成果材料店2店も共に完売状態。柏餅を手作りする方が多いのですね。まさかどこも売り切れなんていう事態になっているとは思いもよりませんでした。いっそのことデパ地下で柏餅を買って葉っぱを使うか、なんてことも考えたのですが、これから柏餅を作ろうというのに既に完成した柏餅を買うのもどうかと思いやめました。

でも柏の葉は縁起ものだし、柏の葉が無い柏餅なんて...と悩んだ末、葉っぱも作ってしまうことにしました。餡をくるむおだんご生地が蒸し上がった後ほんの一部を取り分け、大麦若葉で色づけしました。作っている途中で思いついたので後からグリーンの粉を混ぜ入れたのですが、本当ははじめから混ぜた方がキレイに色づいたと思います。マーブル模様の不思議な葉になりましたが、まあ良しとしましょう。
更に葉の形に切り抜くのも一苦労。柏の葉の様ななだらかな曲線を思い描いてカットしたのですが、いかんせんおだんごの生地なのでナイフにくっつくわ、切ったつもりが端が切れていないわで、出来上がった葉っぱもどきは柏の葉というよりまるで若布!いやはや。

かなり不恰好な柏餅になってしまいましたが、味噌餡を練ったり、おだんご生地を丸めたり伸ばしたり、娘はなかなか楽しかったようです。生地の一部を葉に回したのでかなり小さい柏餅、でも中身はたっぷりで美味しかったです。
来年は「本物の」柏餅を作るべく、早めに柏の葉をゲットしたいと思います。
by pureandstyle | 2008-05-06 20:15 | Sweets | Comments(4)

ほんのり

f0157538_19563317.jpg
5月5日、こどもの日。
今日はコンサートや人形劇等、各地で子供向けの楽しいイベントが催されます。
その中の一つに行こうと思っていたのですが、そういえば柏餅を家で作ったことが無いので一緒に作るのも良いかと思い、昨晩「あしたおでかけするのとおうちでいっしょにおやつクッキングするのとどっちがいい?」と聞くと「クッキング!」と即答されました。忙しさにかまけて普段あまり一緒にやっていないですからね...喜んでもらえて嬉しい反面ちょっと胸が痛みました。

柏餅に入れる餡は小豆餡と味噌餡がありますが、柏餅に関しては味噌餡が好きです。
小豆好きなので、他の和菓子なら大方小豆餡をチョイスしますが、柏餅は味噌餡がしっくりきます。もしかしたら初めて食べた柏餅が味噌餡だったのでしょうか、何故か味噌餡のイメージが強いのです。

白味噌はまだ冷蔵庫にありましたので、あとは白味噌に混ぜる白餡作り。
長野の白いんげん豆を使って作りました。一袋いっぺんに茹でてしまったので、半分は白餡に、半分は甜菜糖をほんの少し溶かしたシロップに漬けました。
白餡の甘さはスプーン一杯の米飴のみ。お豆自体に甘さがあるので、これだけで十分な美味しさです。小豆とはまた一味違うほんのりした甘み。久しぶりに作った白餡、柏餅にする前にそのまま全部食べたくなりました。

結局今日は別のおでかけをすることになり、柏餅作りは明日に延期。
一日遅れになってしまいますが、健やかな成長を願い一緒に作ろうと思います。
by pureandstyle | 2008-05-05 19:51 | Sweets | Comments(0)

ピクニック@home

f0157538_22372837.jpg
今日はみどりの日。
昨年に続き、この日は大好きな小石川植物園へ出かけようと思っていました。
主人が出張中の為、今年は娘と二人だけなのですが、午前中にパンを焼いて焼き立てをサンドイッチにして持っていこうと計画していました。あの美しい新緑の中でのピクニックは、いつも以上に美味しく楽しめそう!

...が朝起きるとあいにくの天気。
まだ雨は降り出していませんでしたが予報は一時雨、どんよりとした曇り空です。
然も何だかとても寒いし、ピクニックを楽しめる天気ではありません。
寝ぼけ眼で階段を下りてきた娘に今日はやめようと話すと、いやだぜったいいく!おそとでごはんたべる!!の一点張り。でも今にも雨が降りそうだし、困ったなあと思いながらふと小さいアイディアを思いつきました。そうだ、家でピクニックしよう!

2階のLDKに続く、小さな小さなバルコニーでランチをすることにしました。
建蔽率の関係で非常に幅が狭い我が家のバルコニー、元々狭い上に鉢植えのハーブやシマトネリコを並べていて更に狭くなり、憧れはあるものの外で食事なんて考えたこともありませんでした。テーブルも椅子も無いので、テーブルはソファの小さいサイドテーブルを、椅子は園芸用の小さい椅子を使うことに。私にはかなり小さかったですが、娘にはテーブルも椅子も丁度ぴったりだったようです。

ランチのメインは勿論焼き立てパン。フルーツ系のパン、バゲット等4種類が並びます。
ボウルにたっぷりと注いだスープを添えて頂きます。
テーブルも椅子も小さい上に、狭くて足の置き場に困る程でしたが、何だかとても楽しかったです。我が家はソファをバルコニーの窓際に置いている為、普段もソファでバルコニーの植物を眺めながらお茶を飲んだり本を読んだりして、オープンエアのカフェ気分を楽しんでいましたが、室内のソファとバルコニーでは全く気分が違いました。窓を全開にすれば物理的にはソファでもバルコニーでも大差ない気がするのに何故?不思議なものです。
娘もとても気に入った様子。「たのしいねー」と連発して意味も無く笑い転げながら食べていました。満面の笑みがあまりに幸せそうで、思わず撮った写真を携帯に転送して待受画面にしてしまった程です。(親バカ)

二人揃って予想以上に楽しかったバルコニーランチ、調子に乗って近い内に第2弾、第3弾と続けてしまいそうです。
屋外用の小さいカフェテーブルと椅子も欲しいなあ。バルコニーだけではなく、お庭でも試してみたい!
蚊の季節が来る前に色々やってみたいです。
by pureandstyle | 2008-05-04 22:08 | Bread | Comments(4)

「絵本の時間」

f0157538_20175546.jpg
雨の中、吉祥寺美術館で開催中の「絵本の時間」展に娘と出かけてきました。
絵本作家の五味太郎氏の作品展です。ほのぼのとしたお話と絵が好きで、五味太郎さんの絵本は何冊か読んだことがあります。今回はその原画が見られることに加え、今日は特別イベントでピアノとフルートのコンサートが開催されるので、行くなら今日!と朝から張り切って出かけました。

コンサートは朝10時から整理券を配り、限定80人とのことでしたので10時到着を目指して出かけたのですが、今日は雨もあって出足が遅く13時過ぎでも間に合ったようです。ちょっと張り切り過ぎました...でもお陰で朝あまり人がいない中でゆっくり絵を楽しむことが出来ました。

3冊の絵本の原画がページ毎に展示されていて、その原画の絵本も近くに置いてあるので実際に絵本を見ながら原画を楽しむことが出来ます。五味太郎さんの絵は色使いが鮮やかで美しいのですが、原画で見るとよりその美しさを感じることが出来ました。また今日原画で見て気づいたのが、鮮やかな色のコントラストだけではなく、微妙な色の重なり具合もとても美しいということ。オフホワイトとベージュのツートンカラーでビルが描かれた絵があったのですが、その2色の微妙な色加減が何とも素敵。家にある絵本も細部までじっくり見てみようと思いました。

その後コンサートまで時間があったので、一旦美術館を出て吉祥寺をふらりと散策。
性懲りも無く(!)またしても可愛い布地屋さんに立ち寄り、端切れのリネンを幾つか買いました。
手芸好きな方には有名なこのお店、手芸好きではなかった私も昔から大好きで吉祥寺に来る度にのぞいています。娘が幼稚園に入園した際には可愛いレッスンバッグと上履き入れのキットを買いました。キットで作り方説明つきだったのにも拘わらず最初の裁断で寸法を間違え、表地と裏地を袋縫いするところで挫折し、結局レッスンバッグは表地だけで手縫いした苦い記憶があります。(キットの意味無し!)今日買ったリネンはまたまたレッスン用のランチョンマットにする予定です。

今日のイベント2つ目のコンサートも良かったです。
「音楽が奏でる物語の世界」というテーマで、シューマンの「子供の情景」、ショパンのノクターンとワルツ、ドビュッシーの「シリンクス」、ライネッケの「ウンディーヌ」が演奏されました。
ショパン以外は妖精の神話等、物語をモチーフにした音楽です。ライネッケの作品は初めて聴く曲でしたが、「ウンディーヌ」=水の精、というタイトルの通り、水がさらさらと流れたり、水飛沫が弾けたりする様子が浮かんでくる様なメロディでした。ショパンは合間の小休止、ということで有名な曲を2つ演奏して下さったのですが、その内の一つ子犬のワルツがピアニストの方による「ちょっとした調味料」(ご本人談)がアクセントとして加えられ、可愛い曲が少し大人ぽく、そして少し厚みを増した曲に変身していました。原曲も好きですが、今日のアレンジヴァージョンもとても素敵でした。

コンサート会場では偶然会社時代の先輩にばったり遭遇しました。吉祥寺にお住まいで、小学校1年生のお嬢様とそのお友達親子とコンサートにいらしたのだそうです。お会いしたのは7年ぶり。久しぶりにお会い出来て嬉しかったです。

盛り沢山だったGW後半初日。
明日は屋外に繰り出します!
by pureandstyle | 2008-05-03 20:17 | Art | Comments(0)

苺の淡雪羹

f0157538_19265822.jpg
そろそろ苺の季節も終わりに近づいてきました。
苺の出盛り時期が毎年早まっている気がするのは気のせいでしょうか。
種類もどんどん増えてきていますね。自然な栽培方法かは分かりませんが、以前テレビに出ていた一粒500円(!)の大きな大きな苺、いつか一度は食べてみたいです。

苺がお店にあるうちにと、苺を使って作ってみたいデザートをせっせと作っています。
これはそのうちの一つ、苺の淡雪羹です。
真っ白い淡雪羹の中に真っ赤な苺、目にも鮮やかな和風のデザートです。
小さい頃から愛読しているお菓子の本の和菓子コーナーに載っていたもので、いつか作ってみたいとチェックしていました。本来の淡雪羹は卵白を泡立てたメレンゲが主体なのですが、卵を使わないでどうにか作れないかと思い、豆乳を泡立てて作ってみました。

豆乳を泡立ててもメレンゲの様なコシの強さはないので、泡の状態を保つのが非常に難しいのですが、何とか形になりました。口に入れるとしゅわしゅわっと瞬く間に溶けていきます。
正に淡雪の様にはかなげなお菓子です。

今は柑橘類が沢山出ていますね。
どれもそれぞれの美味しさがあって大好きですが、今は甘夏にハマっています。
フルーツ全般に甘いだけより適度に酸っぱいものが好きで、柑橘類も割と酸っぱめが好み。いつもの自然食品店の甘夏が適度に酸っぱくて今大のお気に入りです。もしかしたら一般的な評価としては少し酸っぱすぎるのかも知れませんが、私にはこれ位が好み。
まだ暫くマイブームが続きそうです。
by pureandstyle | 2008-05-02 22:47 | Sweets | Comments(0)