小さな幸せを大切に


by pureandstyle

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

春休みの宿題

f0157538_22595393.jpg
長いと思っていた娘の春休みも、残すところあと1週間になりました。
来週の今日はもう入学式。今日の雨もあり、桜はもう散ってしまっていると思いますが、良いお天気になって欲しいものです。

この春休み、ママ達には宿題がありました。そうです、入学グッズ!
布小物を手作りしなければならないのは幼稚園入園時が最初で最後かと思っていましたが、小学校入学時にも苦難が待ち受けておりました...机と同じサイズのランチョンマット(かなり大きいです)、ランチョンマットとランチ専用のハンカチを入れる袋、防災頭巾入れ、体操着袋、上履き袋、体操着袋と上履き袋を入れる袋、更に学期始めと終わりに机の下に入れている道具箱を持ち帰る為の袋(こちらもかなり大きめ)...その数や入園時以上です。
ああどうしましょう。こんなに沢山あるのであればこれを機にミシンを始める方が絶対早いと分かっていつつも、今回もまたミシンを回避して作りました。

ランチョンマットは昨夏の幼稚園バザーで、小学校指定サイズのランチョンマットを2枚買ってありました。それに加え、以前母に頼んで作ってもらった、「かまわぬ」の手ぬぐいを半分に切って作った小さいマットを二つつなげると丁度指定サイズになることを発見し、手縫いでチクチク縫い合わせました。袋は一つはバザーで買ったものを、もう一つは娘がおままごとの包丁を入れていた袋を活用(!)。どれもそれだけだとあまりに手をかけていなさすぎなので、小さくクロスステッチを施しました。
防災頭巾入れはさすがにどうにもならなくて頭を悩ませていたところ、幼稚園のママ友達が作ってくれました!助かりました!!可愛いバラ模様の布で作ってくれたので、合わせてバラのクロスステッチをアップリケしました。
体操着入れは家に丁度良い大きさの袋があったのですが、スポーツメーカーのロゴが入っていたのでこれまたクロスステッチでカバーしました。上履き袋と体操着袋&上履き袋を入れる袋は幼稚園で使っていたものがまだキレイなのでそれを使うことに。

そして最後の難関はお道具箱袋。かなり大きいサイズなので、いわゆるレッスンバッグでは間に合わず、市販品では良いものが見つかりそうにありません。どうしようかと思っていたところに、頭に浮かんだものが...
それは以前母が作ってくれたキッチンエイドのカバーです。きっちりサイズを測って作ってくれたのですが、黒白チェックがキッチンの中でかなり目立ってしまうので使わずにしまってあることを思い出しました。大きさを測ってみると丁度良さそうです。良かった!
黒い取っ手を手縫いでつけて、これにも刺繍をつけました。写真奥に写っているものですが、この刺繍はかなり手間取りました。娘に本を見せて「どれがいい?」と聞くとこのメリーゴーランドがいいというのでこれにしたのですが、刺し目が複雑で非常に時間がかかりました。すごく大変だったよと恩着せがましく言ったので、この袋はきっと大切に使ってくれるでしょう。(笑)

実はこれらは春休みに入って数日で一気に作りました。
下手なくせに始めると止まらないこの性分、我ながら何とかしたいのですが今回も作り始めたらそれ以外手がつかなくなり、夜中までチクチクと縫い続けました。
文房具にも名前を書き、これで入学準備完了!と先々週早くも思っていたのですが、先週末に突然叔母からTELがあり、「ランチョンマットと、着替え袋と、上履き袋と、体操着袋を今作ってあげてるからね♪」と言われました。まさか叔母が作ってくれるとは!
折角なので叔母が作ってくれる物にも刺繍をつけようと思い、私も一昨日から再びチクチク生活です。全て終えないと他のことにかかれないので、一日も早く仕上げたいとひたすら針に向かっています。
by pureandstyle | 2008-03-31 23:07 | Others | Comments(6)

最後のアップルケーキ

f0157538_2323913.jpg
長野出身の父の影響からか、フルーツの中でも林檎は特に大好きなものの一つです。
昨秋父に大量に買ってきたもらった林檎を食べ終えた後は、年始に親戚が送ってくれた林檎を冷蔵庫の野菜室に保存して大切に食べていましたが、それも最後の1個になりました。

その最後の林檎を使い、ケーキ風のパンを作りました。
イメージは、小さい頃よくスーパーで見かけた、リング型の林檎が入ったしっとりパン。(今も売られているのでしょうか)上にアイシングがたっぷりかかったパンです。
母も自分でパンを焼く人でしたので、スーパーでパンを買うことは滅多に無かったのですが、このパンとチョコチップが入ったスティックパンだけは時々買ってくることがありました。小さい頃はとにかく甘いものが大好きでしたので、少々ジャンキーなこのパンも喜んで食べていました。
あ、でもさすがにアイシングはあまりに甘くて残していたような気も...

写真のアップルケーキ(風パン)は、甘みは甜菜糖をほんの少々加えただけですが、林檎とレーズンの甘さで十分美味しく頂けました。
今回は小さな型で焼きましたので、翌日を待たずその日中に全部食べてしまいましたが、1日置くと林檎が生地によく馴染んで更に美味しくなりそうです。
もう一度焼いて翌日の味を...と言いたいところですが、もう林檎が無くなってしまいましたので次の試作は今度の秋までおあずけです。

今の季節のフルーツといえば、真っ赤な苺と柑橘類。
先日苺が今月いっぱいで終わりそうだと書きましたが、今日店長さんに確認したら(先日はお休みでしたので別の方にお聞きしました)来週も週3~4日も入荷するとのこと。野菜はフルーツの入荷状況は翌週迄しか分からないそうなのですが、もしかしたら来月半ばまで入手出来るかも知れません。
やっぱり来月のデザートは苺を使ったものにしようかしら...春色プリンとは別のものも幾つか考えたので、来週試してみることにします。
by pureandstyle | 2008-03-30 23:30 | Bread | Comments(2)

蕾が好き

f0157538_026407.jpg
昨日に続き、今日も近所で桜を見てきました。
家から程近い場所にあるお寺です。ゆっくり座れる場所は無いのですが、桜はとても美しい姿を見せています。娘の入学式が再来週にあるのですが、桜はその頃散っている可能性大なので、桜の下で写真を撮る為式で着る服を着せ、ランドセルを持って出かけました。

主人と3人でお昼過ぎに行ってみると、お寺の通路や階段のあちこちでお弁当が広げられていました。皆さんの姿がバックに写らないように写真を撮るのが難しかったですが、満開の桜の下でランドセルを背負った娘の写真と、家族3人の記念写真が撮れて良かったです。
主人はその後休日出勤でしたので、ほんの束の間の家族団欒でしたが、久しぶりにパパとお出かけ出来て娘も嬉しそうでした。

桜は花開いた姿も勿論美しいですが、咲いた姿以上に蕾が好きです。
ぷっくりとふくらんだ形の可愛らしさと、花より濃いピンク色の色合い。ずっと見ていても見飽きない美しさです。
今年はこの美しい姿はほぼ終わってしまいましたので、また来年のお楽しみです。

来週始めに雨が降りそうなので、満開の桜を楽しめるのは今週末が最後でしょうか。
今日のお花見スポットはすごい人出だったと夕刊に出ていましたが、明日もかなり混みそうですね。
明日はお花見をする予定は無いのですが、普段は自転車で行くところを徒歩にして、ゆっくり歩きながら道々の桜を楽しみたいと思います。
by pureandstyle | 2008-03-29 00:00 | Others | Comments(4)

明日館の桜

f0157538_0344456.jpg
朝起きると、昨夜迄の雨予報とは打って変わって良いお天気。
池袋にある、自由学園明日館へお花見に行ってきました。
先週新聞の広告に、こちらのお庭が今日と来週の平日のみお花見に一般開放されるとのお知らせを発見し、絶対行こうと思っていました。初日に実現出来て良かったです。

自由学園明日館は、1921年に自由学園の校舎として、かの有名な建築家フランク・ロイド・ライト氏の設計により建設された建物です。
1934年に自由学園が東久留米市に移転してからは、主に卒業生の活動に利用されています。以前住んでいたマンションから近かったので、よく建物の前は通っていたのですがなかなか訪れる機会が無く、今日初めて足を踏み入れました。

昨日用事の帰りに学習院の桜を見に行った際、娘に「こんどおはなみにいくときはおべんとうをもっていこうね♪」とリクエストされていましたので、お弁当持参で出かけました。ブログに載せようという目論見もあり、朝から張り切ってご飯を炊き、お惣菜も少しずつ何品も作ったのですが、外で撮ったお弁当の写真が非常に不出来でした。(涙)でも味は美味しかったです。

桜は丁度満開でとても美しかったです。
前方に桜、後方にライト氏のモダン建築を楽しめるのがこちらの一番の魅力。以前美的センス抜群の友人がこちらでのお花見を絶賛していましたが、その理由がよく分かりました。
また桜の根元にある、よく手入れされた花壇も美しかったです。特に今年その魅力の虜になったクリスマスローズが素敵でした。我が家に植えたクリスマスローズも、数年後にはあんな風に一面にお花を咲かせてくれるでしょうか。

お弁当と桜を楽しんだ後は、建物内部を見学しました。
幾何学模様の木製の窓枠、女学生が使っていた小さな椅子、風合いのある暖炉、更にライト氏といえば建築と共に有名な照明の展示もあり、小さい建物乍ら見応えのある内容でした。
今日は頂きませんでしたが、入場料プラス200円でお茶とお菓子を楽しむことも出来ます。桜の季節が終わって少し静かになった頃に、お茶と共にゆったりした一時も楽しんでみたいです。

満開の桜とモダン建築、美しいものを二つも楽しんだ贅沢な1日でした。
by pureandstyle | 2008-03-28 00:16 | Others | Comments(2)

春色プリン

f0157538_23363395.jpg
先週から娘と出かける合間に、ちょこちょこと来月のレッスンに向けた試作をしています。
毎月10~20品程試作し、これはと思うものを4品選ぶのですが、来月は洋メニューが久しぶりだからか、作ってみたいと思うものが多く、毎日数品ずつ作っては味を試しています。
春は山菜や筍等、この季節にしか味わえないものが多く、それらを使って試作するのは楽しいのですが、試作をする時期と実際にレッスンする日に何週間も時差がある為、今旬であるものはレッスン時には既に終わりに近かったり、逆にレッスン時に旬なものは今はまだ早過ぎて良いものが出回っていなかったりと、楽しい一方で食材選びが非常に難しい季節でもあります。

今日はデザートの試作です。苺を使ったプリンを作ってみました。
苺を擂り鉢でピュレ状にし、豆乳を使ったミルクプリンの様な生地と合わせて冷やし固めました。
出かけた帰りに娘と学習院の美しい桜を見たばかりでしたので、桜色のこのデザートは作るのも食べるのも楽しかったです。
美味しかったのですが、もっと苺を入れても良かったかなと思います。食感ももう少し柔らかい方が良かったかな。でも今日の様に型に入れて冷やし固めてお皿に取り出す場合は、あまりに柔らかいと取り出せませんし、取り出してもすぐ崩れてしまうので、柔らかい食感と形の美しさの両方を実現するのには微妙な匙加減が必要です。

でも見た目も良いですし、これは来月の候補作の中でも順位が高いと思っていたのですが...
いつもの自然食品店で次の試作に使う苺を買った際に苺の入荷期間を伺ってみたところ、恐らく今月いっぱいでしょうとのお返事が。残念!
でも他の自然食品店を幾つか問い合わせれば、4月いっぱい苺を入手出来るところが見つかるかも知れません。
他のデザート候補作も試しつつ、苺のデザートの可能性も引き続き探っていきたいと思います。
by pureandstyle | 2008-03-27 23:17 | Sweets | Comments(2)

サザエさんの街へ

f0157538_2242123.jpg
今日は娘と二人、桜新町にある「長谷川町子美術館」へ行ってきました。
言わずと知れたサザエさんの作者である長谷川町子さんと、そのお姉様のコレクションが見られる美術館です。
娘は大のサザエさん好きで、DVDに録画したものをその週に何度も見て楽しんでいます。(現在見ているTV番組がサザエさんと他1つしかないということもありますが...)春休みになったら行こうねと話していた約束を、今日やっと実現出来ました。

桜新町駅から地上へ出た途端、目に飛び込んできたのは道のそこここにあるサザエさん!
商店街の旗、お店の看板、ポスター、至るところにサザエさん一家の顔が描かれています。
中でも一番気に入ったのがこちら。通称「サザエさん通り」と呼ばれる商店街にあったものです。何とも良い風情の1枚でした。

長谷川町子美術館は、サザエさんの原画や家の模型は勿論のこと、長谷川町子さんとお姉様が収集された美術品も併せて拝見することが出来ます。季節毎に展示作品を替えており、この時期は「春爛漫」というテーマで、桜を描いた絵画や、シャガールやエミール・ガレの作品が幾つか展示されていました。
桜の絵画は枝垂れ桜が描かれたものが多く、丁度昨日美しい枝垂れ桜を見たばかりでしたのでより一層印象深かったです。シャガールのブルーの絵も、ガレの繊細な細工も素晴らしかったです。ドームの夕陽の様な美しいランプも印象的で、点数は少なかったものの心に残る作品ばかりでした。

それらの美術作品をサザエさんの展示より前に見てしまい、あやうく本題を忘れそうになりましたが、肝心のサザエさんの展示も面白かったです。
一番長い時間をかけてみたのは磯野家の模型。細部まで忠実に再現されており、一部屋一部屋じっくり見入りました。そして驚いたのは家の大きさ!平屋で2世帯ですから、大きなお家であることは想像出来ますが、こうして模型で見ると本当に大きなお家で驚きました。建て替えて2階建てにしたら大豪邸になるでしょうね。
それともう一つ面白かったのはサザエさん一家の家系図です。波平さんの双子の兄弟やご先祖様は時々TVでも登場するので知っていましたが、フネさんのお兄さんの奥さんの名前が「おこぜ」であること(笑)や、フグ田家の家族構成等も初めて知り面白かったです。

美術館を楽しんだ後は、桜新町へやってきたもう一つの目的地へ。
10年近く前からずっと来てみたかったパン屋さん「ベッカライ・ブロートハイム」です。なかなか桜新町へ来る用事が無かったので機を逃していましたが、今日漸く初めて訪れることが出来ました。どれも美味しそうで延々悩んだ結果4種のパンを選び、家まで待ち切れずに通りがかりの公園で娘と二人で食べました。どれも期待を裏切らない美味しさ!特に誰もが絶賛するバゲットは、口どけが良くすっきりとした味でとても美味しかったです。

帰宅後、娘は美術館で買ったサザエさんぬりえに夢中で取り組んでいました。
美術館に行けばサザエさんに会えると思っていたらしく(笑)ご本人に会えなかったのは残念そうでしたが、楽しい1日となって良かったです。
by pureandstyle | 2008-03-26 22:45 | Others | Comments(2)

ピンクの羽衣

f0157538_22471042.jpg
ぽかぽか陽気の1日。桜も大分開き始めました。
駅近くに出かけた用事のついでに、目白庭園へ枝垂れ桜を見に行きました。
ソメイヨシノより少し花期が早いこちらの桜は、今日正に満開。沢山の人が桜を見に庭園を訪れていました。
池に向かってひらひらとたなびく桜の枝は、まるでピンク色の羽衣のよう。
娘と二人、暫し見とれました。

豊島区が作ったこの庭園は、周りを住宅に囲まれた小さな小さな庭園ですが、ゆったりとした雰囲気が母娘共々気に入って時々訪れています。
今日も枝垂れ桜を眺めた後、飛び石をぴょんぴょん飛びながら池の周りを一周し、ほとりにあるベンチで鴨を眺めながらおしゃべりを楽しみました。(話すのは9割方が娘です)
実家近くに鴨が沢山生息している川があり、父とよくそこまで小さな自転車で出かけているからか、娘は鴨が大好き。そういえば昨年の学芸会でも、じいじに見せたいからと鴨役をやっていましたっけ。今日も飽きることなく鴨の様子を眺めていました。

明日は今日より更に暖かくなるとのこと。また一気に桜が花開きそうですね。
一昨日の朝刊に入っていた広告に近所の桜の名所が載っていたので、花が美しい間に一度行って来ようと思います。
都内の名所は今週末がピークでしょうか。娘が生まれてからすっかりご無沙汰していますが、もう少し大きくなったら夜桜も一緒に見に行きたいものです。
by pureandstyle | 2008-03-25 22:47 | Others | Comments(4)
f0157538_22271132.jpg
今日は私の誕生日でした。
誕生日に食べたいケーキといえば...勿論モンブラン!無類の栗好きとしては、自分の誕生日には思う存分栗を満喫したいところです。
昨年作った通り、モンブランの一番の理想はタルト生地にマロンクリームたっぷりというものなのですが、今年は映画会その他でクッキーやパイを沢山作ったばかりなので、タルトよりもう少し柔らかい食感のものが食べたくなりました。
どんなものがいいかしら。買物がてら、デパ地下で近頃のモンブラン事情を偵察することにしました。

幾つかのお店を見て歩いたところ、土台となる生地は本場と同じメレンゲ、ダコワーズ、タルトのいずれかが多いようです。
メレンゲは元々あまり好きではなかった上に卵白を使わず作るのは無理で(卵白そのものですからね...)ダコワーズも卵白をたっぷり使うので卵無しでは難しい生地です。家へ帰る道すがら考えた結果、ダコワーズ風にアーモンドパウダーをたっぷり使った、しっかりした食感のスポンジ生地を作ることにしました。

帰宅後、早々にケーキ作り開始です。
まずはベースとなるスポンジ生地から。今回も重曹、BP無しで作りました。
アーモンドパウダーたっぷりなので、香ばしい風味です。
小さく焼いた生地の上に、甘栗ダイスをたっぷり混ぜた豆腐クリームをこんもりと盛り、フランス産マロンペーストで作ったマロンクリームを絞り、トップにも甘栗を飾りました。栗づくしです。

大きなホールで作るとつい食べ過ぎてしまうので、今年は一人分ずつ小さく作りました。
これだけ栗がたっぷり入っていると、小ぶりでも満足感たっぷり。栗好きの欲望を十分満たしてくれました。

ここ数ヶ月、恐ろしく忙しい主人はきっと帰って来られないだろうと思いましたので、娘と二人でお祝いしました。夕食後大きな声でHappy Birthdayをフルコーラスで歌ってくれて、朝作ったらしい工作プレゼントをもらったところで、携帯メールに主人から帰るメールが到着しました。
でも朝何も言っていなかったし、誕生日のことはこの忙しさで忘れているのではと思っていたのですが、食事を終えた後ぽつりと「ケーキはないの?」実は覚えていてくれていたようです。
非常に無口な人なので、お祝いの言葉を言ってはくれませんでしたが、24時を回る前に帰宅してくれた心遣いに感謝しました。

Happy Birthday To Me!
これからの1年も、Happyな1年でありますように。
by pureandstyle | 2008-03-24 21:56 | Sweets | Comments(18)

パン作りでリラックス

f0157538_21402674.jpg
今日は今月最後のレッスンでした。
いらして下さった皆様、ありがとうございました。
この季節にぴったりな胡麻パンとミックスシードブレッド、どちらも皆様に喜んで頂けて良かったです。

今日はお天気が良く暖かかったので、今月3回あったパンレッスンの中で最も早く発酵が進みました。最も時間がかかった日と比べると、その差30分近く。念の為今日もパンを発酵させたスペースのみ床暖房をかけていましたが、今日は暖房無しでもスムーズに進んだかも知れません。

これから初夏にかけて、パン作りは日を追う毎に作業がしやすくなります。お子様のご入園、ご入学やご進級、決算始め年度末のお仕事等、この時期お忙しくなられる方も多いと思いますが、それらが一段落したら是非パン作りでホッと一息ついて頂きたいです。
パン作りは焼き立ての美味しさを味わえるというだけでなく、作る工程も楽しみの一つ。時間はかかりますが、無心になって生地を捏ねる一時や様々な形を作り上げる成型作業は、日々の雑事を忘れてゆったりとリラックス出来る時間だと思います。私がパンを作り始めたのはまだ会社勤めをしている頃でしたが、残業明けで寝不足の朝でも、パンを焼こうと思うと不思議な位ぱっちりと早朝に目が覚め、出勤前に柔らかいパン生地の感触でリラックスすることもしばしばありました。(母には「朝から何やってるの」と呆れられましたが...)

来月のパンのテーマは「Herbs」。生地の感触にハーブの香りでアロマ効果がプラスされ、より一層リラックス出来る一時をお過ごし頂ければと思います。
by pureandstyle | 2008-03-23 21:40 | Pure & Style | Comments(6)

お彼岸に

f0157538_21101935.jpg
今日は母のお墓参りへ行ってきました。
昨日とは打って変わって暖かい1日となったお彼岸の週末、どのお墓も新鮮な美しい花々で彩られていました。母のお墓にも私達が行く前にどなたかがお二人いらして下さったようで、花瓶に溢れそうな程沢山のお花が供えられていました。お墓は記帳がある訳ではありませんので、どなたがいらして下さったかは偶然その場でお目にかからない限り分からず、お礼を申し上げられないのが心苦しいのですが、亡くなって何年も経つのにこうしてお彼岸にお墓参りにいらして下さるお気持ちに感謝の気持ちで一杯です。

お名前が分からぬお二人だけではなく、母の50年来の友人であるこの方も今日母に会いに来て下さいました。
千葉にお住まいで、私の実家近くにあるお墓までは電車で2時間以上もかかるというのに、半年に1度は必ず母に会いにいらして下さっています。このお彼岸にも一番の親友に会うことが出来て、母もきっと喜んでいることでしょう。いらして頂けるだけで十分嬉しいのに、今回もまた美味しいお赤飯やお煮しめを沢山作ってきて下さり、お昼に美味しく頂きました。
こんな素晴らしい友人に恵まれて、母は幸せです。

今日は娘も私も、母へのお土産を持っていきました。
娘は折り紙で作ったちょうちょを山ほど。63個も作ったそうです。
私はおはぎ。自分で食べるなら玄米おはぎが好きですが、母はあまり玄米が好きではなかったので今日は黒米で作りました。黒米おはぎは生前食べたことが無いと思うので、こちらも好きかどうか定かではありませんが...
お友達がお昼ご飯を持ってきて下さると伺っていたので、おはぎはお茶と一緒にお出ししようと思い、おだんごの様に小さく丸めて作りました。衣も和菓子らしく、小豆餡、きな粉、黒胡麻の3種類で。お赤飯の後に頂いたので、小さいとはいえ3個食べるとお腹がはち切れそうになりました。

家では自分のデスク上にある棚に母の写真を飾っているのですが、娘はこちらのばあばにもちょうちょをお供えしていました。
沢山のちょうちょと共に、空からひらひら舞い降りて私達に会いに来てくれるでしょうか。
by pureandstyle | 2008-03-22 21:10 | Family | Comments(6)