小さな幸せを大切に


by pureandstyle

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

感動の再会

f0157538_22371065.jpg
今日遂に、母と二人で好きだったあの器と感動の再会を果たしました。
再会の場所は池袋東武で開催中の「WAZA2008」。全国選りすぐりの伝統工芸品展です。ブログを通じて知り合ったこの方と一緒に出かけてきました。

遅刻魔の私にしては珍しく、待ち合わせ時間前に会場に到着したので、一人で少し会場を見て歩きました。お目当ての熊谷守さんの器は一緒に見ようと思っていたので見ないつもりだったのですが、数メートル歩くと早くもそのブースを発見!器は見ませんでしたが、あそこに行けば遂にあの器に会えるのだと思うと、それだけで胸が一杯になり視界がぼやけてきました。慌てて待ち合わせ場所へ戻って到着を待ちましたが、この時思わず涙ぐんでしまったお陰で実際にブースへ伺った際は涙を出さずに済みました。器を見ていきなり泣かれたら熊谷さんもびっくりされたでしょうから、先にちらりと行っておいて良かったです。

そして三人(可愛い赤ちゃん含む)で念願の熊谷さんの器に会いに上野焼のブースへ行くと、ありました!!!正に10年以上探し続けていたあの器です!!!
熊谷守さんご本人とも初めてお会いすることが出来ました。優しい色合いの器と同じく、温かい雰囲気の素敵な方でした。母にも会わせてあげたかったです。
今回のイベントでは、最近力を入れておられる掻き落としの器をメインに販売されていましたが、特別に私達が好きだった青いお花のシリーズも沢山お持ち下さいました。どれも本当に素敵。迷いに迷って、そば猪口と小皿を8セット、それにこの小さな器を1つ買いました。
そば猪口と小皿は今日お持ちの数では足りないので、九州に戻られた後新たに焼いて下さるそうです。焼き物なのでその時の焼き加減で微妙に色合いが違うのですが、今回お持ち下さったそば猪口の色が好きだとお話したら、その色に合わせて焼いて下さるとのこと。熊谷さんの器を買えるだけでも嬉しいのに、その上好みの色に仕上げて下さるなんて夢のようです。

ご注文したそば猪口と小皿は、レッスンで生徒さんにも是非見て頂きたいと思っています。
この器は自分へのプレゼント。一口お酒が飲みたくなった夜に日本酒を入れたり、午後にお茶を飲む時クッキーを数枚乗せたりと、一人の時間を愉しむ時に大切に使おうと思います。
家族の食事用や教室用に食器を買うことはありますが、自分用に器を買ったのは今回が初めてです。自分の為だけに一つ食器を買うなんてなかなか無いことですよね。ささやかな贅沢です。

熊谷さんとお話したところによると、私達親子が熊谷さんの器を頂いたのは、やはりテーブルウェア展第1回か第2回、かなり初期の頃だったようです。もう何年も前からご自身のブースを持って販売されているのですが、私達が拝見した時は会場中央のイベントスペースの中に出展されていました。その印象のままその後テーブルウェア展に出かけた時も、今年も含めいつも個々のブースではなくイベントスペースの中の器を中心に探していたので、いつも見つけられなかったのです。

何年も回り道をしてしまいましたが、遂に十数年ぶりに再会出来た熊谷さんの器。
あの優しい色合いは、やはり他には無い美しさでした。
先日熊谷さんの事を教えて下さった鍵コメント様、本当にありがとうございました。
by pureandstyle | 2008-02-29 21:27 | Others | Comments(2)
f0157538_2311462.jpg
今日は合羽橋道具街へ行ってきました。
製パン・製菓道具やパッケージ用品の種類が豊富で安い合羽橋へは、定期的に買出しに行っています。生徒さんのご要望で始めた月1回のパン&お菓子販売で、嬉しいことに毎月沢山のご注文を頂いているので、今回は型や消耗品の買い足しに出かけてきました。

今迄合羽橋へ行く時は、JRで上野駅まで出てそこから15分程歩いて行っていたのですが、先日パンレッスンの際、今度合羽橋へいらっしゃるという生徒さんとお話している中で、そういえばバスで行くという方法もあることに気づきました。
池袋駅から浅草行きのバスが出ているのでルートを見てみると、合羽橋道具街へ徒歩2、3分の所までそのバスで行けそうです。都バスHPで検索するとかなり時間はかかりそうだったのですが、もしかしたら道が空いていて早く着くかも知れないと淡い期待を抱き、行きはこのバスで行ってみることにしました。

でもやはり都バスHPは正しかった...きっちり予定時間+5分かかりました。
今読んでいる本はすぐ終わってしまいそうでしたので、娘が小学校で使う道具袋につけようと取り掛かった刺繍道具を持ってバスに乗ったのですが、揺れるバスの中でチクチク刺していたら気分が悪くなりかけたのですぐ止めてしまいました。(当たり前です)後はうつらうつらしながら過ごしていましたが、とにかく長い!電車より歩く時間が短いとはいえ、あまりにも時間がかかり過ぎました。

電車なら16分+徒歩15分で着くところを延々1時間かけ、やっと合羽橋に到着しました。
もう何度も来ているので、どこで何を買うかは大体頭の中に入っています。
全てのお店を見ていると何時間あっても足りないので、目的のお店だけをちゃちゃっと回ってさっと買って帰ろうと思っていたのですが、丁度そのお店で品切れとなってしまった商品が幾つかあり、思ったより時間がかかりました。お昼を食べる間も無く帰途へ。
両手いっぱいに荷物を抱え、電車で帰りました。
手ぶらの行きは楽なバスで行き、帰りは電車で帰る私って一体...(苦笑)

マフィン型もかなり買い足しました。これはお店によって値段もサイズも異なるので、比較検討しがいのある商品です。今日は買いたかったお店に在庫が無く、幾つか回って別のお店で買いました。
パンレッスンでは初級コースの11月メニューにイングリッシュマフィンを組み入れていますが、月1回の販売でも、イングリッシュマフィンもしくはこの型を使った別のパンを、いつか取り入れてみたいと思います。
by pureandstyle | 2008-02-28 23:11 | Others | Comments(4)

陽だまりの味

f0157538_22424489.jpg
今日は夕方にDADA CAFEの皆様と打ち合わせ。来月の映画会イベントでお出しするフードの候補作4品を試食して頂きました。
こちらから8品ご提案し、中から4品選んで頂いて試食、その中から2つを選んで頂く予定だったのですが、4品を作る間にもう1品思いついて急遽追加しました。
それがこちら。キャロブパウダーを使ったハートサブレです。

キャロブパウダーは、2月のパンレッスンでも使用した自然食材です。
見た目はココアに似ていますが、味は全く異なります。個性的な味ですがどことなく懐かしさを感じさせる風味。今日のお一人は「黒糖に似た味がしますね」とおっしゃっていましたが、確かにそんな感じもします。
10数年前このパウダーを初めて食べた時、ココアに似た味を想像していたので予想と全く違う味に驚くと共に、今迄知っているどの味とも異なる個性的な味なのに、何だかほっとする安らぎを感じる味だと思いました。例えて言うなら、穏やかに晴れた冬の日の午後、部屋に差し込む陽射しの様な味でした。

それ以来、私の中ではキャロブパウダーは「日向を感じる味」でした。
今回の「犬猫」という映画、DADA CAFEという空間、そして「やさしい時間」というタイトル。
これらのイメージに、陽だまりを感じさせるキャロブはぴったりなのではないかと思いました。
「前回の打ち合わせ時には無かったメニューですが...」とお出ししたところ、試食して頂いたお二人共とても気に入って下さいました。そして真っ先にこれが今回のメニューとして採用されたのです。
「日向を感じる味」という表現には首をかしげておられましたが(笑)気に入って頂けて良かったです。

今回の映画会で、初めてキャロブを口にされる方も多いのではないかと思います。
個性的だけれど、どこか懐かしい。
今回の映画や会場と重なるイメージを感じて頂ければ幸いです。
by pureandstyle | 2008-02-27 22:08 | Pure & Style | Comments(2)

来月のLesson

f0157538_2255890.jpg
来月のレッスンのお知らせです。
来月のCookingは、今月に続き季節を感じる和のテーブルです。
来月末のお彼岸に合わせ、玄米で3色おはぎを作ります。
定番の小豆餡の他、野菜餡の変わりおはぎを2種、どれも自然な甘さの優しい味です。
Menu...玄米おはぎ3種(小豆餡、南瓜餡、小松菜餡)他数品
日程...4日(火) 8日(土) 

Breadの初級クラスのテーマは春の芽吹きに合わせて「Seeds」、胡麻をたっぷり入れた胡麻パンと、ぷちぷちした食感が楽しいミックスシードブレッドを作ります。
日程...10日(月) 12日(水) 23日(日)

ご興味ある方は pureandstyle@gmail.com  までメールにてご連絡下さい。
よろしくお願い致します。

(写真は今月のレッスンの様子です)
by pureandstyle | 2008-02-26 22:06 | Pure & Style | Comments(0)

Happy 6th Birthday!

f0157538_018215.jpg
今日は娘の6回目の誕生日でした。
毎年リクエストに応えたケーキを作ります。でも何でもいいよと言いつつ、毎年違うものにチャレンジしたいのでさりげなく誘導尋問しながら昨年と異なる物をリクエストしてもらっています。そして今年の娘のリクエストは「チョコレートケーキ」。一昨年末のクリスマスにも同じリクエストでケーキを作りましたので、今回はちょっと違うものを作ってみたいところ。チョコレートとの組み合わせで作ってみたいものといえば...そうだ王道の組み合わせバナナはどうかしら。娘に聞いてみたところ食べたい!とのことでしたので、今年の誕生日ケーキはチョコバナナケーキを作ることにしました。

熱帯産のバナナは、普段自分で買うことは滅多にありません。
ほんのたまに、パウンドケーキやマフィンに入れるのに買う程度です。でも今回は昔見た本にあった「チョコレートとバナナのババロア」を思い出し無性に作ってみたくなりました。
チョコにバナナ、熱帯x熱帯、思いっ切り身体を冷やすコンビですが、特別な日ですから良しとしましょう。(自分への言い訳)

誕生日当日の今日は、幼稚園の用事で園のお迎え迄家に帰れないのできっとケーキを作る時間が無いだろうと予測し、前もって昨日作ることにしました。まずは土台となるスポンジを焼き、こちらは予定通り上手くいったので後はババロア風の生地を作って流して固めるだけ、と思ったのですが...
これがなかなか思う味になりません。イメージでぽんぽんと材料の種類と分量を決めて作ってみたのですが、バナナの量が多過ぎました。カカオマスとココアパウダーを多めに入れたのにバナナの味しかしません!(涙)
計量しながら少しずつカカオマスやココアパウダーを追加し、それに伴って他の材料も追加し、更に別の材料も少しずつ追加し...と延々と繰り返すこと1時間余り。20時に始めた作業がやっと終わったのは21時過ぎでした。その間少しずつ材料を増やしては味見をしていたのでお腹もパンパン。こんな夜にチョコクリームを食べるなんていかにも太りそう。ああやってしまった!でもとりあえずこれなら、と思える味になったのでスポンジを敷いた型に流し込んで冷蔵庫に入れました。

今日はそのケーキを冷蔵庫から出すだけ、の予定だったのですが、一晩経ったらやはり違う味の方が良い気がしてきてしまいました。
昨夜あれだけ試行錯誤してやっと出来た生地を外すのは勇気が要りましたが、折角の年に1度の誕生日、自分が美味しいと思う物をを食べさせてあげたいのでやり直すことに。今日はバナナの入れ方を昨夜とは全く違う形に変え、材料も配合も大幅に変更しました。結果は...こちらの方がやっぱりずっとGood!
でも昨日のババロア生地もさよならするのは忍びないので、ボウルでホイップして柔らかくし、今日作って流し固めた生地の上に絞り袋でデコレーションとして絞り出しました。
サントノレと呼ばれるちょっとお洒落な仕上がりに見える口金で絞ったので、もうこれだけでもいいかなと思いましたが、子供の誕生日ケーキですからもう少し可愛らしい方がいいかしら。冷蔵庫にあった苺をカットして乗せ、先日試作したクッキーにハッピーバースディと書いて飾りました。
やっと作り終えたのは17時前。自然光で撮れる限界の時間になってしまい、思うような写真が撮れなかったのがちょっぴり残念です。

今恐ろしく多忙な主人は早く帰れないので、今年は二人でお祝いです。
夕食のメニューも娘のリクエストに応えて作りました。黒豆とリンゴが入ったサラダ、7種の野菜を入れたスープ、南瓜クリームのパスタグラタンです。
お腹いっぱい食べて、プレゼントを開けて楽しんだ後はお待ちかねのケーキタイム。
この時を何より楽しみにしていた娘は本当に嬉しそうでした。

6回目のお誕生日、おめでとう!
by pureandstyle | 2008-02-25 23:17 | Family | Comments(12)

南瓜の大学芋風

f0157538_2381160.jpg
今日は今月最後のレッスンでした。
強風が吹き荒れる中いらして下さった皆様、ありがとうございました。
本当に寒かったですね!

毎年違ったちらしずしをご提案している2月のメニュー、今年のちらしずし2008Ver.も皆様に喜んで頂けて良かったです。
また是非作ってみて下さいね。

今月のデザートに作ったのはこちら「南瓜の大学芋風」です。
大学芋風とは言っても揚げることはせず、蒸した南瓜にこんがり焼き色をつけ、カラメル状にした甜菜糖をまぶして仕上げます。
甜菜糖の量はほんの少しなのですが、南瓜の甘みでとても甘いデザートになります。
上に散らしたのは能登のお塩です。フレーク状になっているこのお塩が今回のデザートの大きなポイントになっています。

南瓜は今は一年中出回っている野菜ですが、美味しい時期と今一つの時期がありますね。
この季節多く見かける沖縄産のものは、色がオレンジ色というよりは黄色でかなりさっぱりした甘さ。私はもう少し濃い味が好みです。
今日のレッスン用に昨日買った南瓜も黄色いものでしたので、デザートにするのに甘みが足りないのではと心配しましたが、蒸して焼く、という2度の加熱で大分甘くなりました。

来月は今月に続き季節メニュー、お彼岸に向けておはぎを作る予定です。
お豆の優しい甘さを感じる粒餡おはぎ、野菜を使った色鮮やかな変わりおはぎ。
どちらもオススメです。
by pureandstyle | 2008-02-24 23:08 | Pure & Style | Comments(2)

春まであと少し

f0157538_23392010.jpg
今日の午前中は、急にこんなに...と驚いてしまう程の暖かさでした。
昨晩の天気予報で午前中はコート不要と言っていたので、薄手のニットにロングカーディガンで買物に出かけましたが、それでも暑いと感じる程。今日は明日のレッスンの買物もあり、大量の野菜を両手に抱えてふうふう言っていたので、もっと薄着で行けば良かったです。
久しぶりに重いコートを脱いだら、何だか気持ちも軽やかになれるよう。娘も嬉しそうにぴょんぴょん跳び回っていました。

ご近所の梅もちらほらと咲き始めました。
自転車で通る道すがら、白やピンクの花を見つけるとつい立ち止まりたくなります。
我が家の庭には無いのですが、ご近所で梅を庭に植えている方が多く、毎朝毎夕幸せな春気分を頂いています。
我が家の狭い庭にはとてもそんなスペースはありませんが、梅や桜、春の訪れを告げる木がお庭にあるのは良いものですね。
でも今日水遣りをしていたら、ブルーベリーの芽が大分膨らんでいて、小さな春を感じました。昨年植えた2本のブルーベリー、今年は沢山実をつけてくれますように。

天気予報は午前中だけでなく午後もばっちり的中し、夕方前から突然強風が吹き始め一気に寒くなってしまいましたが、半日だけでも楽しい気分を味わえました。
明日から暫くまた寒いそうですが、それを越えたら本当の春がやってきてくれるでしょうか。
コートを脱ぐ日が今から待ち遠しいです。
by pureandstyle | 2008-02-23 23:39 | Others | Comments(2)

四角いタルト

f0157538_23161214.jpg
先日会社時代の先輩のお家へお邪魔した際、タルトとパンを作ってお持ちしました。
ここのところ、タルトを作る時は専らタルトリングを使っていたのですが、今回は娘を連れて電車に乗っていくので、持ち運びやすさを考えて長方形のタルト型を使って焼きました。
以前雑誌で長方形のタルトを見て、是非使ってみたいと思い数ヶ月前に合羽橋で買ったものです。早く使いたいと思いつつなかなかその機会が無く、今回初めて使いました。

この型で焼くと、直径18cmの丸型のタルトとほぼ同じ大きさのタルトが出来ます。
でも幅がぐっと狭くなるので、持ち運びする時にはとても便利。すっきりとシャープな仕上がりも良いです。
今回はこの型を使い、胡麻のタルトを焼きました。ほろほろと崩れる食感のタルト台にアーモンドクリームを流し込み、白胡麻をたっぷりふって焼き上げました。

今回初めて作ったこのタルト、味は良かったのですが非常にカットしづらい!
食べるにはこういうほろほろした食感が好きですが、カットすることを考えると配合を少し変えた方が良さそうです。特に四角い型ですと、丸型と違い縁が2箇所になるので、丸型より更にカットするのが難しくなります。思わぬ弱点でした。

フィリングのアーモンドクリームには、皮つきの香ばしいアーモンドプードルをたっぷり使いました。卵も乳製品も使う一般的なレシピのアーモンドクリームより、甘さも油分もぐっと控えましたが、アーモンドの香ばしさで美味しく頂けました。

実はこのタルトは来月ご注文頂いたケーキの候補の一つです。(試作を兼ねていてすみません!)
8人で召し上がる予定とのことでしたので、この型で焼くならもっと切り分けやすい配合にしないと難しそうです。もしくはタルトレット型で一人分ずつ焼くか。
いずれにしても、また作ってみる必要がありそうです。
by pureandstyle | 2008-02-23 23:16 | Sweets | Comments(0)

やさしい時間

f0157538_2043406.jpg
来月、カフェで開催される映画会に料理を提供させて頂くことになりました。
「Kino Iglu(キノ・イグルー)」というシネクラブ主催のイベントで、会場となるのは代々木駅に程近い古民家のカフェ「DADA CAFE」です。

「DADA CAFE」は代々木駅から徒歩2分という都会の中心に、昭和15年に建てられた民家を改装して2005年にオープンしたカフェです。ご縁あって一昨年、「DADA CAFE」のメニューを幾つかご提案させて頂きました。今回映画会を開催されるにあたり、こうして再び料理のお手伝いをさせて頂けることをとても嬉しく思います。

「Kino Iglu」は映画館、カフェ、ギャラリー等様々な空間で、映画のイメージに合わせた料理やデザートを楽しめる映画会を主催されているシネクラブです。
今回「DADA CAFE」にて上映する映画として選ばれたのは、小さな名作「犬猫」。
現在大ヒット上映中の「人のセックスを笑うな」の井口奈美監督のデビュー作です。
「DADA CAFE」とそっくりな古民家が映画の舞台となっています。

イベントのタイトルは「やさしい時間」。
このタイトルを伺った時とても感動しました。「DADA CAFE」の温かい空間、「犬猫」に流れるゆったりした空気を表すのに素晴らしくマッチしたタイトルだと思います。
そしてこのイベントのフライヤーを彩る淡いピンク色も「やさしい時間」にぴったりです。
(下記「Kino Iglu」及び「DADA CAFE」HPをご覧下さい)

私も「やさしい時間」を映画と共に過ごして頂ける様な料理をご提供したいと思っています。
メニュー決定まであと少し、今週末にもう一度作ってみて最終仕上げをするつもりです。
映画と共に、皆様の心に残る料理をご提供出来る様頑張ります!

「Kino Iglu」 HP
「DADA CAFE」 HP


(写真は今回のイベントをイメージしたご近所の写真です。縁側、いいですね。)
by pureandstyle | 2008-02-21 20:43 | Pure & Style | Comments(8)

しっとり もっちり

f0157538_22234147.jpg
昨日に続き、今日もパンレッスンでした。
今月の初級メニュー、玄米バンズと黒米バンズを作りました。
炊いた玄米や黒米を練り込んで作ります。成型はどちらもシンプルに丸型にして、おまんじゅうのような趣にしてみました。

どちらのパンも、ご飯が入っている為しっとり、もっちりとした仕上がりになります。
食感を残す為、分量の玄米、黒米の一部は後から加えました。もちもちの生地の中に、ぷちぷちしたお米が混じり、見た目にも食感の上でも軽やかなアクセントになります。
ご飯の甘みで、生地がほんのり甘くなるのもこのパンの良いところ。噛めば噛む程、じんわりと優しい甘さが口に広がります。

パンと共にお出しするサイドメニューは、和の趣のパンに合わせてけんちん汁にしました。
根菜、昆布、長葱に油揚げ。具沢山の汁物は和でも洋でも大好きです。それだけで何だか満ち足りた気分になれます。
パンにけんちん汁、異色の取り合わせですが、このパンですと違和感なくどちらも美味しく味わって頂けると思います。

生徒さんがお持ち帰りのパンを1つずつ交互に袋に入れていらっしゃいました。
何だか紅白饅頭の様で可愛い!
白い箱に市松模様に入れてプレゼントするというのもいいかも知れません。
漆のお重も似合いそう。暖かくなったら、おむすびの代わりにこのパンを入れて、2段目におかずを詰めてお出かけしたいです。

いつものパンとは一味違うもちもちパン。
ふんわりと甘い玄米バンズ、個性的な色と香りが楽しめる黒米バンズ、どちらもおススメのパンです。
by pureandstyle | 2008-02-20 22:23 | Pure & Style | Comments(2)