小さな幸せを大切に


by pureandstyle

<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0157538_20592761.jpg
今週はレッスンの中休みなので、用事が無い日は来月のレッスンのレシピ作成や試作等、一人キッチンに篭り黙々と作業しています。
料理レッスンのレシピは無事完成!レッスン日ギリギリまで迷うことも多いので、今回は通常よりかなり早く完成させることが出来ました。パンレッスンのレシピも確認し、まずはほっと一安心です。

ここ数日はまたしても焼き菓子の試作に没頭しています。
一度の試作で決まれば何度も作り続けなくて済むのですが、今回試作しているものはなかなか思う味になりません。5種類のお菓子を3日続けて作っていますが、完成まではまだ時間がかかりそうです。

以前読んだ本の中にあったインタビューで、とある著名なお菓子研究家の方が「徹夜も辞さずにお菓子を作り続けたクレージーな時期があった」とおっしゃっていたのが強く印象に残っています。技術も知識も経験もその方にはまだ遠く及ばない私がこんなことを言うのはおこがましいですが、「クレージーに作り続けた」その時の情熱に強く共感しましたし、一度作り始めると何種類も何度も作り続けてしまう今の自分もそうなのかも知れないと思いました。

好きなことに情熱を注いで打ち込めるのは幸せなことです。
でもそれが行き過ぎて、体に不調をきたしたり、毎日の食事作りがおろそかになってしまったり、娘に寂しい思いばかりをさせてしまうのは「クレージー」です。
作り始めるとつい「クレージー」な状態に陥りがちな今の自分。時々ブレーキをかけることも必要です。今日の焼き具合で見つけた改善点を明日また試したいところですが、荒れて赤くなった手を休める為にも、明日はお休みすることにします。(明日だけ!?)
by pureandstyle | 2008-01-31 20:59 | Sweets | Comments(2)

奥深きPhoto World

f0157538_20411831.jpg
お正月に、私達の結婚式の写真を撮って下さったカメラマンの方から年賀状を頂きました。
この方は、撮って下さった写真は勿論のことお人柄も素敵な方で、結婚式以来毎年年賀状でご挨拶を続けています。式の写真も素晴らしい写真ばかりで、その上私がカメラ好きだという話をしたら式のアルバムを作る際、お撮りになった膨大な数の写真を全て見せて下さり、アルバムにする写真を私に選ばせて下さいました。その後の結婚挨拶ハガキも「こだわりがあるのだから自分で作ったら?」とご自身のオフィスのPCを貸して下さり、何週かに亙ってそちらに通って自分で作らせて頂きました。
結婚式をより一層思い出深いものにして下さった、素晴らしいカメラマンさんです。

今年の賀状にブログのアドレスを書いたところ、早速見て下さって感想をメールで送って下さいました。嬉しいお褒めの言葉も頂きましたが、それと共に構図にもっと大胆さがあると写真に魅力が出てきますよ、とのご指摘も頂戴しました。
正しくその通りです!
構図も光の入り方も自分が好きなパターンが幾つかあり、つい何を撮る時も同じ様な写真になってしまいがちなのです。たまには違う感じに撮ってみようと時にはチャレンジするのですが、選ぶ写真は結局同じタイプのものばかり。
気に入ったものを持つのも悪いことではありませんが、髪型や洋服と同じで、たまには冒険してみないと新たな世界は開けませんね。

...という訳でちょっと写真で遊んでみました。
以前通った写真教室でのテーマを思い出し、わざと暗く、わざとぼかして。
でもこうして見ると、単に手ブレした失敗写真ぽい!
いやあ、まだまだです。

写真に映っているジャムは、先月ロンドンから遊びにいらして下さったこの方から頂いたものです。いつか行きたいと思っている素敵なお店のSeville Orangeのマーマレード。ありがとうございました。
我が家にいらした時の様子をご自身のブログに記して下さったのですが、その時の写真がどれも素晴らしい写真!あまりに素敵に撮って下さったので、どこの家かと思いました。(笑)
同じものでも、腕次第でこんなに素敵な一枚になるのですね。
私ももっと良い写真が撮れるよう、日々修行します。
by pureandstyle | 2008-01-30 20:52 | Photo | Comments(2)

来月のLesson

f0157538_2345352.jpg
来月のレッスンのお知らせです。
来月のCookingは、翌月に向け雛祭りを祝うメニューを作ります。
今年のお寿司は見た目にも華やかな「春のミモザちらしずし」。他3品を作ります。
Menu...春のミモザちらしずし 黒豆と冬野菜の和え物 蓬団子の黒胡麻汁 
      南瓜のかりんとう風
日程...12日(火) 13日(水) 23日(土) or 24日(日)

Breadの初級クラスのテーマは「Rice」、ご飯を練り込んだもっちりとした食感の玄米バンズと黒米バンズを作ります。
日程...8日(金) 「English」 イングリッシュマフィン&スコーン
    19日(火) プチパン
    20日(水) 11日(月) or 15日(金) 「Rice」 玄米バンズ&黒米バンズ

*8日(金)はリクエストにて11月の初級コース「English」を行います。
 弾力のある食感のイングリッシュマフィンと、ざっくりした食べ応えが嬉しいスコーン。
 どちらも天然酵母ならではの美味しさです。

*19日(火)はプチパンレッスンを行います。
 パン作りの基本となる配合、及び様々な成型の基礎を学ぶことが出来、生地の美味しさをストレートに味わえるメニューです。パンレッスンを受講ご希望の方は、この機会に是非ご参加下さい。

ご興味ある方は pureandstyle@gmail.com  までメールにてご連絡下さい。
よろしくお願い致します。

(写真は先月のレッスンの様子です)
by pureandstyle | 2008-01-29 23:44 | Pure & Style | Comments(2)

楽しんで

f0157538_20401013.jpg
以前一緒に仕事をさせて頂いた方から先週連絡を頂き、今日久しぶりにお会いしました。
近々行う予定の新しいイベントにての仕事のご依頼でした。
長い間ご無沙汰してしまっていたのに、新しいことを始められるにあたり私のことを思い出して下さったと伺い、本当に嬉しかったです。
詳細はまだ決まっていませんが、少しでもお役に立てるように、イベントにいらして下さった皆様に喜んで頂けるように頑張りたいです。

写真は打ち合わせの際お出しした抹茶サブレです。
先週のお電話で、イベントの内容からもしかすると和テイストの焼き菓子が似合うかも知れないと思い、第一作としてお出ししました。
京都の有機抹茶をたっぷり入れた、ほろ苦さが美味しいサブレです。
シャープな感じに仕上げたかったので、珍しく長方形にカットしてみました。

「楽しんでやりましょう」
打ち合わせ中にお一人の方がおっしゃった言葉に、何度も頷きました。
楽しめなければ、美味しいものは作れません。料理は作り手の気持ちがそのまま味に反映されるからです。
昨年末オーダー頂いたクリスマスケーキを作っていた際、作業は私にとってはとても楽しいことなので何台頼まれても全く辛くは無かったのですが、デコレーションの最中に娘から何度も話しかけられてついイライラした口調で答えてしまい、主人に「好きな仕事なのだから楽しめよ」と怒られました。その一言ではっと我に帰り、後の作業は穏やかな気持ちで取り組めました。結果それ以前よりずっとスムーズに作業がはかどり、何とかお約束の時間に間に合わせることが出来ました。

何事も、楽しいと思って出来るのが一番。
今回も楽しみながら、新しい仕事にチャレンジしたいです。
by pureandstyle | 2008-01-28 20:40 | Pure & Style | Comments(4)

料理とArt

f0157538_23585216.jpg
今日は今月最後のレッスンでした。
今月いらして下さった皆様、ありがとうございました。

今月の料理でご提案した「冬のエスニック」。
皆様にご好評頂けて良かったです。
冬の食卓によく登場する根菜達も、ひとひねり加えればエスニックな味に生まれ変わります。どの料理もこの季節に手に入りやすい食材を使いましたので、また是非お家でも作ってみて下さいね。

今日はふとした流れで、生徒さんとオランダの画家フェルメールの話になりました。
私は一番好きな画家がフェルメールで、作品を見る為に旅へ出たことも何度かある程大好きなのですが、初めて見た作品が10年近く前に東京で開かれた「ワシントン ナショナル ギャラリー展」に出展された「手紙を書く女」でした。一目見てその美しさ、醸し出される優しい雰囲気に魅了されました。以降多くの作品を見てきましたが、未だに私の中では好きな作品ベスト3の一つです。
恐らく今回のフェルメール展よりは集客数が少なかったのではないかと思いますが、今日の生徒さんはそのワシントンナショナルギャラリー展もご覧になったとのこと。何だか嬉しくなって暫くフェルメール談義に花が咲きました。

「盛り付けのセンスを磨くコツの一つは、美術館へ行くこと」だとよくいわれます。
昔から絵画展や写真展を見るのが好きで、母や友人とよく出かけました。ロンドンに住んでいた頃はナショナルギャラリーやテートギャラリー、ウォレス等好きな美術館にベビーカーを押して行きました。特にナショナルギャラリーは歩いて行ける距離でしたので最も多く足を運んだ美術館で、買物帰りにふらっと立ち寄り、フェルメール等好きな画家の作品だけを何分も眺めて帰る、なんていうこともよくしました。多くの美術館が無料なロンドンならではの贅沢です。

今迄見てきたもの、聴いてきたもの、体験してきたものが、直結はしていなくても、料理を考える上で大きな力になってくれている気がします。
これからも、目にも舌にも心にも美味しい料理を目指し、アートに触れる時間を大切にしていきたいと思います。
by pureandstyle | 2008-01-27 23:57 | Pure & Style | Comments(2)
f0157538_20581171.jpg
来月のバレンタインに向け、ここのところチョコレートのお菓子の試作を続けています。
こちらは柚子チョコタルト。
甘みをつけないさっぱりしたさくさくタルトの中に、自家製柚子ピールとチョコレートクリームを混ぜて流し込みました。
チョコレートクリームは、カカオマスを使ったコクのあるクリームです。今回もベースはお豆腐ですが、いつもよりお豆腐の分量を減らしました。よりチョコレートの味を濃く感じられるクリームです。

柚子のほろ苦さにビターなカカオ。大人向きのタルトです。
クリームをゆるめにしたので、一口かじったらクリームが流れ落ちそうになり、慌てて口でキャッチしました。(笑)
このクリームにするならもっと小さく作り、一口でぱくっと食べられるプチフールにする方が良さそうです。

オレンジピールにチョコレート、という組み合わせはよく見ますが、同じ柑橘系の柚子もチョコレートによく合いました。
細長く切ったオレンジピールにチョコレートをかけた「オランジェット」というお菓子がありますが、柚子の皮を使って作っても美味しいかも。あ、でもその為には皮をしっかり砂糖漬けにしないとうまくいかないですね...(却下)
もしくはお日様に干して固くするとか。いやそれだとカリカリになってしまいそう。でもそれはそれで美味しいかも知れません。

街もバレンタインモードに入ってきました。
デパート商戦も来週から本格的に始まるようです。
買うことは無いのですが、各デパートのチョコレートカタログを見るのは大好き。今年も早速もらってきました。
一粒千円のチョコレート。全部食べ切ることは出来ないと思いますが、一口だけ食べてみたいです。
by pureandstyle | 2008-01-26 20:58 | Sweets | Comments(2)

お腹の休息日

f0157538_2158414.jpg
昨日、数ヶ月ぶりに生クリームたっぷりのケーキを頂きました。
先月からスポンジケーキの試作を繰り返していたのですが、ふわふわの食感を求めて試作を続けているので、ふと卵で作ったふわふわスポンジを久しぶりに食べたくなったのです。

久しぶりに食べた、ふわふわスポンジにホイップクリームがたっぷり乗ったケーキ。
国産小麦を使ったアールグレイの香り豊かな生地に、チョコレートクリームが挟んであるケーキはとても美味しかったです。ここのスポンジは、卵を使ったスポンジの中でも特にふわふわでした。
その時は美味しく頂いたのですが...

やっぱり出てきました。ちょっとした反応。
目がショボショボして、頭がぼんやりして、昨夜早めにベッドに入ったのに今朝いつもの時間に起きられませんでした。
私は100%完璧なマクロビアンという訳ではなく、家族や友人と楽しい時間を過ごす時にお魚や乳製品入りのケーキを頂くことがありますし、時々は最近人気があるマクロではないレストランにも出かけます。盛り付けのセンスや、食材の取り合わせのアイディアを人気のシェフの一皿から学びたいと思うからです。(自分への言い訳含む)
でもその後は何かしらちょっとした体の変化が現れます。でも食べた時は美味しいと思って頂きますし、実際学べることもあるので食べたものに関してはその後の反応を含めても後悔することはありません。でも食べ過ぎた後はシンプルな食事にしてお腹を休めるようにしています。

という訳で今日はお腹の休息日。
きび入り玄米ご飯に茹でた黒豆を混ぜたおむすびと、蒸したかぶの葉と南瓜でシンプルランチです。
味つけはおむすびも野菜もゲランドの塩をひとふりのみ。今日はこれだけでも十分でした。
お豆の味だけの黒豆も今日の気分にはぴったりでした。料理に使おうと思って丁度数日前に茹でた黒豆があって良かったです。きびの黄色と黒豆の黒、色の取り合わせもGood。お豆が大き過ぎて、しっかり握ったつもりがすぐばらばらになりましたけれど。

夜は根菜をたっぷり入れた胡麻味噌汁を作りました。これも今日の気分と体にぴったりで美味しく頂きました。
お腹の調子も大分良くなりました。明日はすっきり起きられるかな。
by pureandstyle | 2008-01-25 21:58 | Veg Cooking | Comments(4)

ココア色とラベンダー

f0157538_21222973.jpg
昨日で終了した今月のBreadレッスンでは、パンの焦げ茶色に合わせ、テーブルも茶系のグラデーションにしてみました。
パンを置くセンターには大好きなインテリアショップ、Maison de Familleの透かし模様が美しいリネンのクロスを敷き、焦げ茶色のランチョンマットを合わせました。
このランチョンマット、先日こちらでも書いた自作です。Breadレッスン初日の数日前に何とか8枚完成しました。間に合って良かった!

無地の焦げ茶色の生地で作ったマットに、ラベンダーの刺繍を施しました。
数ヶ月前に図書館で借りた本の中にあった図柄で、これは良いと図案をコピーしてあったものをお手本にしました。
でも図書館にあるコピー機は白黒のみの対応で、刺繍糸の品番は書いてあったものの家にある糸はメーカーが異なり参考になりません。数ヶ月前に借りた本でしたので記憶も曖昧で、ラベンダーだからこんな感じではと適当に見繕って刺しました。
クロスステッチ用の布ではないものを、織地をマスに見立てて刺したので目を数えるのに苦労しましたが、花に選んだパープルと焦げ茶がいい感じにマッチしてくれたと思います。(目のばらつきや粗さはご容赦下さい)

ところが先週末図書館に行った際、同じ本があったので久しぶりに手に取ってみたら、お花も茎も全く違う色が使われていました。お花のメインカラーはブルーで、茎も葉ももっと渋いグレーがかった色合いでした。人の記憶(というか私の記憶)の何と曖昧なこと!我ながら呆れて笑ってしまいました。
でもこのマットのココア色には、ブルーよりパープルの方が似合ったのではと勝手に思っています。このパープル、白地に刺したらきっと派手過ぎる色合いになったのではないかと思いますが、このダークな色地の中では悪目立ちすることなくすんなり収まってくれました。

今回使った刺繍糸は、母が遺してくれたものです。
編物や刺繍が好きだった母は、作品も沢山遺してくれましたが、使いかけや将来使おうと思っていたであろう毛糸や刺繍糸、生地の類も沢山押入れに残したまま旅立ちました。
缶にしまわれていた大量の刺繍糸を実家から我が家に持ち帰った訳ですが、滅多に針を持たない私は恐らく一生かかってもこの糸を使い切れないでしょう。
でもふたを開ける度に、額やバッグ、クッションカバーをせっせと刺していた母の手を思い出すことが出来るこの缶は、私にとって大切な宝物の一つです。
by pureandstyle | 2008-01-24 21:22 | Pure & Style | Comments(4)

雪見Bread

f0157538_21175397.jpg
2年ぶりの大雪。この家に越してきて初めて見る大雪でした。
朝起きてまずしたことは植物の取り込み。霜が下りるまでは大丈夫だろうと外に出していた、元来寒さに弱いベンジャミン、月桃2種、レモングラスの鉢植えを部屋に入れました。
何だか一気に部屋が狭くなった気がしますが、沢山のグリーンに囲まれたリビングも良いものです。

今日は今月最後のパンレッスンでした。
大雪の中いらして下さった皆様、ありがとうございました。
お一人の方は、ご自宅から30分近くかけて歩いていらしたそうです。お疲れ様でした!
そういえば私も、3年前大雪が降った日に30分近くベビーカーを押して歩いたことがありましたっけ。その時はかなり積もったので、狭い路地でベビーカーの車輪が雪に埋もれて動けなくなり、大変な思いをしました。通りすがりの親切なおじさまが助けてくれなかったら、あのまま二人で眠りに落ちていたかも...(まさかね)

そんな話はさておき、レッスンにいらして下さった皆様の足に影響が出ることも無く、心配していたパンの発酵も予定通りに進み、無事レッスンを終えることが出来て良かったです。
一歩外に出れば寒さに泣きたくなる大雪でしたが、暖かい部屋の窓から眺める雪景色はとてもキレイでした。生徒さんと共に、パンを捏ねる手を休め暫し見とれてしまう程でした。我が家のベランダの縦格子も、向かいのマンションの外壁も焦げ茶色なので、雪の白とのコントラストがより一層景色を美しくしていたのだと思います。写真を撮っておけば良かった!

今月のパンのテーマ「Black」に合わせ、テーブルも白~焦げ茶のグラデーションにしており、同じくシックな色に仕上げた野菜たっぷりのスープと焦げ茶色の2色のパン、そしてテーブル小物が今日の景色によくマッチしていました。
暖かい部屋で温まるスープと焼き立てのパンを頂きながら、雪見酒ならぬ雪見ランチです。
静かな、心穏やかになれる一時でした。
by pureandstyle | 2008-01-23 21:17 | Pure & Style | Comments(0)
f0157538_20492411.jpg
寒い日が続いています。
こんな日に一番辛いのは朝の幼稚園送り。自転車で風を切って走るので寒いことこの上ありません。
でもこの送り迎えもあと少しの辛抱です。娘が小学生になったら楽になると楽しみな反面、幼稚園の教室で「卒園まであと~日」という張り紙を見ると思わず涙ぐんでしまったりして、母の心は複雑です。

卒園を待たなくとも、3月に入れば幾分寒さも和らぐでしょうから、この寒さももう少しの辛抱です。毎朝のように「冬来たりなば 春遠からじ」とつぶやきながら自転車を漕いでいます。
そう、春はもうすぐです。

今日のランチに、そんな春を待つ気持ちを込めたパスタを作りました。
芽キャベツ、かぶ、ブロッコリーをどっさりと入れたリングイネです。一人ランチの贅沢(という程でもないけれど)、好きな野菜を思う存分入れました。
どれも今が旬の冬野菜ですが、色と形が春を感じさせてくれます。

午前中は来月の料理と、バレンタイン向けのお菓子の試作のレシピに頭をひねっていたので、数字づくしでこんがらがってきた頭にかぶの甘さがじんわりと優しく沁みました。
芽キャベツも大好きな野菜の一つ。店先で見かけると大体買います。以前はなかなか手に入りませんでしたが、最近は旬の季節には気軽に買える野菜になってきて嬉しいです。

明日はパンレッスンですが、天気予報はあいにくの雨。
発酵が無事進むか不安なので、明日は暖房の上下作戦でサポートすることにします。
by pureandstyle | 2008-01-22 20:49 | Veg Cooking | Comments(9)