小さな幸せを大切に


by pureandstyle

お彼岸に

f0157538_21101935.jpg
今日は母のお墓参りへ行ってきました。
昨日とは打って変わって暖かい1日となったお彼岸の週末、どのお墓も新鮮な美しい花々で彩られていました。母のお墓にも私達が行く前にどなたかがお二人いらして下さったようで、花瓶に溢れそうな程沢山のお花が供えられていました。お墓は記帳がある訳ではありませんので、どなたがいらして下さったかは偶然その場でお目にかからない限り分からず、お礼を申し上げられないのが心苦しいのですが、亡くなって何年も経つのにこうしてお彼岸にお墓参りにいらして下さるお気持ちに感謝の気持ちで一杯です。

お名前が分からぬお二人だけではなく、母の50年来の友人であるこの方も今日母に会いに来て下さいました。
千葉にお住まいで、私の実家近くにあるお墓までは電車で2時間以上もかかるというのに、半年に1度は必ず母に会いにいらして下さっています。このお彼岸にも一番の親友に会うことが出来て、母もきっと喜んでいることでしょう。いらして頂けるだけで十分嬉しいのに、今回もまた美味しいお赤飯やお煮しめを沢山作ってきて下さり、お昼に美味しく頂きました。
こんな素晴らしい友人に恵まれて、母は幸せです。

今日は娘も私も、母へのお土産を持っていきました。
娘は折り紙で作ったちょうちょを山ほど。63個も作ったそうです。
私はおはぎ。自分で食べるなら玄米おはぎが好きですが、母はあまり玄米が好きではなかったので今日は黒米で作りました。黒米おはぎは生前食べたことが無いと思うので、こちらも好きかどうか定かではありませんが...
お友達がお昼ご飯を持ってきて下さると伺っていたので、おはぎはお茶と一緒にお出ししようと思い、おだんごの様に小さく丸めて作りました。衣も和菓子らしく、小豆餡、きな粉、黒胡麻の3種類で。お赤飯の後に頂いたので、小さいとはいえ3個食べるとお腹がはち切れそうになりました。

家では自分のデスク上にある棚に母の写真を飾っているのですが、娘はこちらのばあばにもちょうちょをお供えしていました。
沢山のちょうちょと共に、空からひらひら舞い降りて私達に会いに来てくれるでしょうか。
Commented by 永井 at 2008-03-23 19:32 x
季節の行事とそれにまつわる食べ物大事にされているの素敵です!
私も以前の仕事で「おはぎ」の提案をしたことがあります。あんこは抹茶、ごまあん、桜あんなどなど色々ありました。おはぎも地方性があって、関西にいった時、関西では何よりも「きな粉」のおはぎが欠かせない!と地元の方にお聞きし、なるほどなあ!と思いました。手作りのおもてなし、おばあさまも喜ばれたでしょうね☆心は、きっとお嬢様のかわいいちょうちょが空に届けてくれますね☆
Commented by pureandstyle at 2008-03-23 21:00
>永井さま
抹茶や桜あんのおはぎ、美味しそう!幾つも並べたらきっと春爛漫といったお皿になりそうですね。
おはぎにも地方性があるとは初めて知りました。関東だとまずは小豆餡ですが、関西は小豆よりきな粉なのですね。東北だと何よりもずんだ餡が喜ばれたりするのかしら。
娘が作ったちょうちょ、天国の母のところまで飛んでいってくれていることを祈ります。
Commented by ryoko* at 2008-03-23 21:15 x
じーんときちゃいました。次に帰省したらお墓参りしよう。
そして来年はきな粉のおはぎも作ろう!
Commented by pureandstyle at 2008-03-23 21:49
>ryokoさん
この春もお彼岸にお墓参りが出来て良かったです。
お花が大好きだった母、沢山のお花に囲まれて幸せな一時を過ごしていることでしょう。良かった。
Commented by タケゾー at 2008-03-24 00:06 x
このおはぎも美しいのね。丸くてしぶい色合いで可愛い。
Mちゃんの作ったちょうちょも、きっとお母様喜んでくれるはずだよ。
なんかもうホロリときてしまったのは、夜だからなのか年なのか。
でも、Mちゃんが生まれてお顔を拝ませてもらいに伺ったとき、やさしくもてなして下さったお母様のことを思い出すと、本当に彼岸でAKKOちゃん一家のことを温かく見守ってくれてるんだろうなぁ、と思わずにはいられません。
私は今回のお彼岸、引越準備&旅行のバタバタでお参りできてないの。
時期に関わらず、落ち着いたら絶対行こうと思わせてくれた記事でした。


Commented by pureandstyle at 2008-03-25 21:56
>タケゾーさま
そうでした、渡英前にいらして下さったんですよね。
あの頃が、母が一番幸せだった時かも知れません。
いけない視界が...夜だからか年なのか。
今でこそあんなやんちゃ娘ですが、赤ちゃんの頃はそれは手がかからない子で、こんなにいつもいい子でいてくれる性質は母からのプレゼントではないかとよく思いました。でも赤ちゃんの頃いい子でいた分、物心ついてから抑えていたものが爆発してこんなにやんちゃになったのではないかという気もしますが...(汗)

by pureandstyle | 2008-03-22 21:10 | Family | Comments(6)