小さな幸せを大切に


by pureandstyle

悪運の強さはピカイチ

f0157538_2272686.jpg

悪運の強さ、恐るべし。



昨日、外出前に身支度を整えようとして、メイク道具の幾つかがなくなっていることに気付きました。
我が家で物がなくなった場合、原因はほぼ1つです。

どこにやったの!と娘を叩き起こすと、寝ぼけ眼で愛用のピアノ柄ポーチからマスカラとパウダーを取り出しました。中学1年生女子、メイクに興味があるお年頃なのでしょう。(黙って持ち出すのはやめて欲しいものですが)これで全部、というので鏡の前に戻りましたが、今度はパウダーをつけるメイクブラシがありません。
「それは絶対使ってないよ。ブラシ持って行くのを忘れたからパウダーも使ってない」と娘は主張したのですが、同じ場所に置いてあるのにブラシだけ持って行かないというのも、前日に確かに同じ場所にしまったのにブラシだけ紛失するということもおかしな話です。これは娘が100%嘘をついているに違いない、きっと持ち出して失くしたから言えないのだろうと思ったのですが、朝は時間がないのでそのまま家を出ました。

帰宅後、再び娘を問い詰めましたが「知らない」の1点張り。
そして何食わぬ顔で「抱っこして」と甘えてくる図太さに唖然。ここは別の作戦で聞き出すしかない、と方向を変え、「なくしたんだよね。正直に言ったら抱っこしてあげるよ」と釣ってみたところ、案の定「...ホント?」と一言。漸く白状しました。前日の午後図書館へ勉強しに行っていたのですが、その前に立ち寄った本屋のトイレに忘れて来たのだそうです。
図書館のトイレではないか、とまでは予想しており、昨日の午前中に図書館には問い合わせ済だったのですが、その前に本屋に立ち寄ったことまでは予測出来ませんでした。すぐに本屋に問い合わせたところ「届いてますよ」と明るいお返事が!使い心地が気に入っているブラシなので、見つかって良かったです。

しかし以前なくした自転車といい、鍵といい、色々なくすのに大抵戻って来るという悪運の強さ。先日は、長らく見つからなかった愛用のウェンガーナイフが自転車の籠から発掘されました。(庭のベンチでフルーツを食べたらしい)忘れ物&失くし物率、見つかった率、共にトップクラスと言えるでしょう。

「マミィの大事な物だと思ったから、なくしたって言えなかったの」涙ながらに訴える顔を見て、ブラシは見つかったことだし、最後は正直に白状したのだしまあいいか、と頭を撫でながら「これからは人の物を勝手に使っちゃ駄目だよ。もうしないって約束出来るよね」と優しく諭すと...まさかの即答No!
ちょっと、ここは流れとして普通こくんと頷くものじゃないの!?たとえそれが本心でなくても!まさかの返事に怒りを通り越して思わず笑ってしまいましたが笑い事ではありません。

痛い目に遭わないから直らないのでしょう。悪運の強さ、我が子ながら恐ろしいです...
by pureandstyle | 2015-03-10 18:05 | Family | Comments(0)