小さな幸せを大切に


by pureandstyle

学芸祭2013

f0157538_17525774.jpg

最後の行事。(涙)





先週末の土曜日、娘が通う小学校で学芸祭がありました。
劇と音楽と1年交代でやるのですが、最終学年の今年は劇になりました。子供達が選んだのはミヒャエル・エンデの「モモと時間泥棒」。最終学年の劇は毎年涙ものが多かったのですが、元気な話を選んだのは娘の学年らしい気がしました。
「モモと時間泥棒」はご存知の方も多いと思いますが、「時間貯蓄銀行」を名乗る人達によって人々から時間が盗まれ、皆の心から余裕が消えてしまった世の中で、少女モモが奪われた時間を取り戻す冒険に出掛けるというストーリーです。この日を含め、いつも何故か時間ギリギリになってしまう私には身につまされるストーリーでした。(苦笑)

6年生は、照明、音楽などの舞台演出、大道具や小道具も全て自分達が担当しました。
運動会が前月にあり、1ヶ月も準備期間がない中、素晴らしい作品に仕上がっていて感激しました。子供達の一生懸命な姿は胸を打ちます。

娘は小さな役の他、舞台音楽を担当。
舞台が変わる間の間奏と、退場の際に流すBGMをピアノで弾きました。パンを直前まで焼いていたのでギリギリに会場入りしたのですが、ママ友達のご好意で一番前の席で観られることになり、演奏している姿もカメラに収めることが出来ました。

退場の際には、6年生全員が体育館を出る迄ピアノを弾き続け、曲を丸めて終わらせた後一人退場。
恥ずかしさと嬉しさが入り混じった表情で歩いていく姿は、いつになく大きく見えました。
by pureandstyle | 2013-11-12 18:16 | Family | Comments(0)