小さな幸せを大切に


by pureandstyle

生きくらげの中華和え

f0157538_21313711.jpg
週末、生きくらげを買いました。
きくらげは親子共々大好きでよく使うのですが、乾燥ものばかりで生のきくらげはなかなかお目にかかれません。ですが週末に店先で見かけた生きくらげは、今まで見たことがある中で最も肉厚で美味しそう。これは絶対買いだね、と娘と買物カゴに入れ、早速その日の夜に使いました。

炒めても美味しいのですが、フレッシュな美味しさを生かす為にその日は生で頂きました。
何種類かの野菜と共に、生姜を効かせた中華だれを絡めた和え物です。乾燥きくらげを使う時は細く刻んで入れますが、今回は食感を楽しむ為に太めに刻みました。
とろっとした食感は、生ならではの美味しさ。シンプルな和え物でしたが、これが今晩の料理で一番美味しいね、と娘と競うようにして食べました。食材が美味しいと、シンプルな料理で十分満足出来る一品になります。

和え物を持った器は、今東京で個展を開催されている余宮隆さんのもの。
大人気の作家さんなので、個展の時以外は滅多に作品にはお目にかかれないのですが、先日水道橋のお店へ行った際、たまたま納品があったという小鉢を娘が目ざとく(!)見つけました。登り窯になってから、益々カッコ良さが際立つ作品が増えた余宮さんですが、この灰釉粉引シリーズは上品で可憐な雰囲気の色合いで、また違った良さがあります。今春に個展に伺った際も、娘はこのシリーズの八角小鉢を欲しがったものの、飴釉に惹かれた親の説得に負けて(!)断念したのですが、数ヶ月を経て再び同じ色合いの器を見つけ出したので驚きました。
淡い色合いと適度な深さ、可愛らしい縁取りでシンプルな料理も上品に見せてくれる素敵な器です。
by pureandstyle | 2013-07-23 18:14 | Veg Cooking | Comments(0)