小さな幸せを大切に


by pureandstyle

2年目のコンクール予選

f0157538_11381746.jpg
*7月のLesson
Cooking...11日(水)10時30分~ 18時30分~ 
        12日(木)10時30分~ 18時30分~  及び週末に1日
Bread...18日(水) 10時30分~ 18時30分~ 
      19日(木)10時30分~ 18時30分~ 及び週末に1日
お申込みは鍵コメントもしくはメール(pureandstyle@gmail.com)まで
詳細はこちらから*


娘が今年も懲りずに(!)コンクールに参加しています。(以下長文です)





昨年初めてピアノコンクールに参加し、練習嫌いで大変な思いをした(先生にさせた)にも拘わらず、今年もコンクールに出たいと娘が言い出しました。
譜読みが出来るとその先は練習したくない人なので、同じ曲を長期間、細部に亘って練習しなければならないコンクールは娘にとってはかなり辛いものです。辛い思いをするのが本人だけならまだしも(!)、練習不足をレッスンで補って下さった先生には昨年多大なご迷惑をおかけしてしまい、娘のあまりのじゃじゃ馬ぶりとレッスンの大変さに昨年はコンクール後体調を崩された程(どれだけ大変なのか...)でしたので、今年は自分一人で練習出来ないなら出ない方がいいと先生と私で諭したのですが、ちゃんとやるから絶対出たいと聞きません。その約束がきっと果たされないことは分かっていたのですが、どうしても本人がやりたいなら、と今年も参加することになりました。

1日10分(!)しかやらない日が続いた昨年に比べれば大分ましになりましたが、今年も不安的中でまたしても練習嫌いぶりを発揮し、大変なことになりました。何とか1日1時間位はピアノの部屋にいられるようになりましたが、10分おきに休憩したり遊んだりするので結局正味30分!?予選3日前になってもまだ全然仕上がりません。普段は一人で練習させているのですが、これはもうどうしようもないと思い3日前からはピアノの隣につきっきりで練習させました。
仕事と夕食を終えた後に2時間、翌日は仕事の後レッスンに付き添い、コンクール当日は自宅で3時間やったのですが、これがもう大変極まりない!私がいても10分おきに椅子から下りようとするので(野生児!?)、宥めすかして椅子に戻し、飛び降りてしまった時は抱っこして再び戻し、もうやりたくないと騒ぎ出したら再び宥め、怒り、最後はおだてて何とか鍵盤の上に指を置き...前日のレッスンでの先生の指摘をメモしておき、娘が出来ていない箇所を練習させたのですが、先生のピアノ(グランド)と自宅のピアノ(アップライト)との違いに苛立ち、「このピアノじゃ出来ない!弾けるなら弾いてみてよ!」と当たり散らします。娘の苛立ちはその通りで、私もレッスンに久しぶりに同行して音の違いに愕然としたので、この反発には怒ることも出来ず何とか宥めるしかありません。グランドピアノとなると家の工事も必要で、まだそれだけの勇気も資金もないのですが、いよいよ限界かもと感じつつ(先生からは大分前から買い替えを勧められています)、何とか練習させました。
3時間やっても実質2時間程度だと思いますが、それだけやらせるのに全体力を消耗した感じです...
最後は先生のお宅で最終レッスンをして頂き、会場へ向かいました。一夜漬けならぬ3日漬けです。普通は、1週間前には完成し、前日や当日はさらっと弾くだけにするらしいのですが...(汗)

どうなることかと思いましたが、何とか予選を通過しました。
今回もまた強心臓ぶりを発揮したのですが、一番驚いたのは1曲目で演奏を途中で止められたにも拘わらず2曲目も普通に弾けたこと。娘が参加したコンクールでは、時間が長かったり同じフレーズが繰り返す場合は途中で止められることがあります。(審査とは関係ありません)ですが今回は途中で止められた人が一人もおらず、娘が弾いた1曲目もそんなに長い曲ではなかったのでまさか止められるとは思わず、聴いていた先生も私も驚きました。本人も一瞬「え?」と動揺した顔を見せたのですが、その後気持ちを立て直し普通に2曲目を弾けたのは、娘の恐ろしい心臓ならではだったのかもと思います。普段はその図太さに腹が立つこともしばしばですが...

今回は先生のお陰で予選を通過出来たとはいえ、次は予選の2回目、本選と続きます。
昨年は本選で涙を呑んだので、今年は何とか本選を突破して欲しいと思いますが、狭き門の本選突破は今の練習では絶対無理です。
これから再び、先生にご迷惑をかけつつ親子共に辛い日々が続きます...

写真は予選翌朝の娘の様子。
人形でコンクールごっこ(!)に興じていました。くまちゃんも赤ずきんちゃんもご熱演の様子。(笑)
遊びもいいけど練習もね!

...と思っていたら事件発生。
今日、小学校で右手の指を怪我して帰って来ました。(涙)工作室の重い扉で手を挟んだとのこと。
大事には至らないで済みましたが、少しの間右手で弾けなさそうです...
Commented by パティ at 2012-07-11 18:31 x
娘ちゃんの可愛いお顔が!!!
しかし、見かけによらずとはこのことでしょうか?^^
この顔を見ていると、ブログでのオテンバ振りが想像できないのですが(*´pq`)
本番に弱いワタクシには、羨ましい限りですが、AKKOさんのご苦労もお察しします(^_^;)
苦労が報われますように。。。
Commented by pureandstyle at 2012-07-12 18:05
>パティさま
パチ子さま、こんばんは!
いえ、見かけによらずではなく見かけ通りです...俯き顔なので一瞬おとなしめに見えますが、正面は性格通りの幼さとやんちゃぶりが顔にばっちり出ています。(苦笑)
怪我がまだ治らず(こういう時に何故か決まって怪我をするのです!)まずは早く治ってくれるよう祈るばかりです...
しかし何事にも動じない恐ろしい心臓の強さ(!)は、私も少し分けてもらいたいものです!!
by pureandstyle | 2012-07-10 19:20 | Family | Comments(2)