小さな幸せを大切に


by pureandstyle

筍ご飯と初めての調理実習

f0157538_19372890.jpg
今年初めての筍ご飯を炊きました。
筍料理の定番といえばやっぱり筍ご飯。この季節に真っ先に食べたくなる筍料理ですが、毎年先ずは筍料理の試作を幾つもするので、定番料理がつい後回しになってしまいます。
今月のレッスンも終わってほっと一息、もう筍は一年分食べ尽くした感がありましたが(苦笑)、やっぱり一度は筍ご飯を食べないと。ということで今晩の夕食に作ることにしました。

炊き込みご飯は大好きなので、毎回ルクルーゼの大鍋いっぱいに炊きます。
ご飯も具もすごい量です。試作料理を何度も食べさせられて、「もう筍料理は食べないからね!」と宣言した娘でしたが、炊き込みご飯は別だったのか、大きなお茶碗山盛り二杯を平らげました。
筍嫌いも無事終了か、と思ったのも束の間、「今日は自分で盛るから」と娘が自分の分を盛りつけた後のお鍋には、油揚げの大方が消え(油揚げは大好き)筍だらけになったご飯が...明日の仕事に、筍ご飯をお弁当に持参しようと思っているのですが、ご飯よりも筍の量がずっと多い歯応え十分な筍ご飯になりそうです。





今日、初めて娘が小学校で調理実習を受けて来ました。
昨晩とても嬉しそうに、いそいそエプロン&三角巾を一人で準備していました。幼い頃から料理に興味があり、手伝わせてとよく言われていたのに公私の区別が難しいこと(レッスン準備や試作は手伝わせられない)と、いつも時間に追われて娘に手伝わせる心と時間の余裕がなくて手伝わせることが殆ど出来ずにいたのですが、興味は色あせていなかったようです。
そういえば、一昨年の夏休みの自由研究で「野菜料理」をテーマに選び、捨ててしまいがちな野菜の皮や根っこを使った料理を4品作った時も、とても嬉しそうに料理していましたっけ...
「Mちゃん(娘の名)すっごく明日楽しみ!」とうきうきエプロンを付ける姿を見て、私も嬉しい反面今まで殆ど手伝わせなかったことを深く反省しました。

そして迎えた今日の調理実習は、やはりとても楽しかったそうです。
今日のテーマは「色々な道具でご飯を炊いてみる」と「お茶を淹れる」。炊飯器、お鍋、蒸し器、フライパンでそれぞれご飯を炊き、味を比較したのだそうです。私が小学生の頃は、そんな興味深い調理実習はなかった気がしますが最近は工夫がなされているのでしょうか。調理実習で小学生の頃に作った料理といえば「粉ふき芋」と「サーモンムニエル」しか思い出せません...
皆でご飯を炊き、お友達が淹れてくれたお茶を淹れ(お茶班とご飯班に分かれていたそうです)、とても楽しい時間を過ごした様子。
これからは、せめて週末は一緒に料理しようと改めて思いました。(と言いつつまた出来ない可能性大ですが...先ずは簡単なおやつ作りから!)
by pureandstyle | 2012-04-26 19:37 | Veg Cooking | Comments(0)