小さな幸せを大切に


by pureandstyle

古稀のお祝いに

f0157538_21315314.jpg
先月父が古稀を迎え、週末に姉と実家へお祝いに行って来ました。
昔は稀なる長寿と言われた古稀も、平均寿命が延びた今は稀なものではなくなったとはいえ、70歳を元気に迎えられたというのはやはり嬉しくおめでたいことです。普段は実家へ行っても泊まることは滅多に無いのですが、娘に「とまってあげるのもおいわいのうちだよ」と諭され(!)今回は泊まることにしました。

父が好きそうな料理を作り、皆でテーブルを囲んで乾杯です。
父の日にプレゼントを渡したばかりだからか、プレゼントは要らないよとの父の言葉に甘えて大きいプレゼントは持参しなかったのですが、代わりにパンを幾つかとハーブ風味のラスクを作って持って行きました。
ラスクは365日晩酌を楽しむ父のおつまみ用です。いつもお酒を買うディスカウントショップで一緒に買って来たあまり体に優しくなさそうな(!)おつまみをつまんでいるので、その代わりに食べてもらえればと思って作りました。歯が弱い父には少し硬過ぎるかもと心配でしたが、大丈夫だったようでうまいうまいと食べてもらえたので良かったです。

我儘で、素直でなくて、恐ろしく頑固で自分の意見を決して曲げない父とは、対立することも嫌な思いをすることもしょっちゅうなのですが、孫と花火をしながら目を細めて嬉しそうな顔をしている姿を見ると、もっと親孝行をしなくてはと思います。と言いつつ翌日にはまた父の身勝手さにぐったりしてしまったりもしたのですが...(苦笑)
未だにフルタイムで働き続けている70歳の父。これからもいつまでも元気で長生きして欲しいです。
Commented by amaia at 2010-08-03 16:55
お父様の古稀、おめでとうございます。
娘さんお二人が揃われ、心づくしのお料理で乾杯、お泊まりなど、ふだんはお一人のお父様にとって、何よりのお祝いになったことでしょうね。
それにしても、お嬢さんの諭しには脱帽!まだお小さいのに素晴らしいお嬢さんですね。
Commented by amaia at 2010-08-03 16:57
連続コメントですみません。
以前に、病気をきっかけに毎日更新しないことにした、という記事を読ませてもらって、
お会いしたことはないものの、ブログの節々から、「akkoさんはついいつも頑張りすぎてしまう方なんだろうなあ」と想像していましたので、
「そうそう、そんなふうに肩の力を抜いたほうが、頑張りすぎないほうがいい」と、人ごとながらホッとしました。
(それなのにコメントしそびれていてごめんなさい・汗。今さらなんですが、)そういう、自分でくくっていた呪縛を自分で解かれたこと、(とても勇気が要ったことだと思いますが)、良かったのだと思います。

もちろんakkoさんのブログには、教室の広報活動という大きな意味があるのでしょうし、そういう意味では毎日更新が望ましいのかも知れません。また、akkoさんはこれまでの人生、そうやって、自分で作ったルールを自分で厳守することで、いろいろな夢を実現されてきたのだと思います。
でも、それで自分を追い込んで健康に支障をきたしたりしては元も子もないですし。。。

これからも楽しみにしていますので、どうか無理のない範囲で更新して下さいね。
Commented by pureandstyle at 2010-08-04 19:16
>amaiaさま
お祝いのお言葉、ありがとうございました。
ちょっとは親孝行が出来た様で良かったです。
娘は普段は我儘で幼いのに、時々ドキッとする程大人の発言をすることがあります。子供って面白いですね。
Commented by pureandstyle at 2010-08-04 19:24
>amaiaさま
こちらのお言葉もありがとうございました。
ブログの毎日更新をストップすることは、おっしゃる通り私にとってとても勇気が要ることでしたが、思い切って宣言してしまったことで何だかとても楽になりました。と言いつつ2日更新しないと未だにちょっと焦ってしまったりしていますが。(苦笑)

「自分で作ったルールを自分で厳守する」それで良い結果が出たこともありますが、一方でそれに縛られ過ぎていたことも、今迄の人生を振り返ると多々あった気がします。
これからは肩の力をもっと抜いて、ゆったりと生きていくのが人生の目標の一つです。

いつも温かいお言葉ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願い致します!!!
by pureandstyle | 2010-08-02 21:32 | Bread | Comments(4)