小さな幸せを大切に


by pureandstyle

おせち作り2009 Part I=巻いて巻いて=

f0157538_2244150.jpg
今日からいよいよ、今年のおせち作りが始まりました。
初めてご注文をお受けした昨年に続き、今年もご注文を受けさせて頂くことにしました。嬉しいことに今月早々からお問い合わせを頂き、結局昨年の倍近い9家族分を作ることになりました。25品全て一人で作りますので今年はこの数で締め切らせて頂いたのですが、毎年少しずつでもより多くのご注文をお受け出来る様になれればと思っています。

昨年に続き、今年もご発送をご希望の方がいらっしゃいますので、おせち完成の目標時間は明日の18時。昨年の反省メモを踏まえ、今日は昨年のおせち作り初日より2時間早く、6時に作業を開始しました。
まずは出汁取りです。今年も大鍋2杯分、たっぷりと出汁を取りました。続いて昨年のスケジュールを参照しながら先日作成した今年のおせちスケジュールを片手に、日持ちがする料理から順に作ります。

午前中には田作り、黒豆の煮汁作り、きんとん、昆布巻き、梅人参を作りました。昨年同様、午前の作業で最も時間がかかったのは昆布巻きです。昆布の長さに合わせて中に詰める人参と牛蒡を切り、市松模様に手で押さえながら巻き込みます。この巻く作業も、最後に干瓢で結ぶ作業も、それぞれ時間がかかるもの。ひたすら巻いて、巻いて、また巻いて...結局1時間以上かかりました。その後ゆっくりコトコトと煮含めれば完成です。昨年は味付けの最後の一押しが強過ぎた気がしましたので、今年は心持ち抑え目の味に仕上げました。

続いて栗きんとん。
栗好きなので毎年大量に作っていたのですが、いつも作り過ぎてお正月を過ぎても食べ続けることになってしまっていたので、今年は適量(!)を目指して作りました。なのでおせちの数は増えましたが、きんとんを作る量は昨年と変わらないかも!?秋に仕込んで冷蔵庫にしまっておいた栗の甘露煮も数ヶ月ぶりに登場です。
きんとんは何年もの間同じ味付けで作っていたのですが、今年は少し味を変えてみました。より美味しく、より心と体に優しい味に仕上がっています。

ほぼ立ち食い状態で(!)お昼を済ませ、午後の仕込み開始です。
昨年同様、午後は煮物が中心です。里芋の白煮、牛蒡、椎茸の旨煮、手綱蒟蒻、花蓮根を作り、その後ちょっと変わり種の松笠慈姑、精進松風、百合根酒煮、松前漬け、黒豆を作りました。
おせちの煮物は飾り切りが多く、また味を変えて別々に煮るので手間がかかりますが、手をかけた分だけ見た目も味もぐっと良くなります。飾り切りをした後の野菜の切れ端は勿論捨てず、細かく刻んでおせち以外の料理に使います。昨年に続き、この作業を娘に頼むことにしました。今年は昨年の倍近い量がありますので、これで1日退屈せずに済むだろうと思いきや、1年で多少なりとも成長した様で思ったよりずっと早く切り終えてびっくり。途中何度か自分の爪を切っていましたが(爪で良かった!)段々手つきも慣れてきたようです。

昨年のおせち作り初日は、時間が押して21時頃迄延々と作っていたのですが、今年は朝早くに始めたので20時前には今日の分を作り終えることが出来ました。よしよし。出来上がった料理をそれぞれタッパーに詰め、後片付けを終えたのが21時過ぎ。15時間近くほぼずっと立ちっ放しでの作業でしたが、大変乍らも楽しかったです。あ、でも足は相当むくんでいそうなので、今晩はお風呂でよくマッサージしなくちゃ。

明日も早朝から作業開始です。
このままスケジュール通りに作り終えられる様頑張ります!
by pureandstyle | 2009-12-29 22:04 | Pure & Style | Comments(0)