小さな幸せを大切に


by pureandstyle

恐るべき心臓

f0157538_21492516.jpg
今日は娘のピアノの発表会でした。
今年演奏したのは、ディアベリの「ソナチネ Op151. No.3 第1楽章」と「ことりのワルツ」(娘が作曲した曲です)の2曲。何とか今年も無事終わりました。





「ソナチネ Op151. No.3 第1楽章」はソナチネアルバム第2巻に収録されている曲で、先生が娘に向いているのではと選んで下さいました。昔ピアノを習っていた頃、ソナチネは第1巻しか習わなかったので、先生が弾いて下さったのを聴いて初めてこの曲を知ったのですが、とても良い曲で親子共々とても気に入りました。娘は短期集中型(持続力が無いとも言う)なので、曲を頂いた5月頃に1度さらっと全体を弾き、その後暫くわざと弾かずにいて夏休み明けからきちんと練習をすることにしたのですが、今年は例年以上に同じ曲を弾き続けることを嫌がり、この2ヶ月は練習するのしないのと毎日大変な騒ぎでした。先生もあの手この手を使って娘がやる気を出す様に考えて下さったのですが、何をやっても娘の態度が変わらないので、最後には「もうこうなったら一度失敗して、細かい練習の大切さを学ぶというのも良いかも知れませんね」とまでおっしゃっており、私も残念ですがそれも本人には良い経験となるのかもと思っていました。でも一旦そうは思ってもどうしても諦め切れず、こんなに嫌な思いをお互いするのならいっそ練習を止めた方が良いのではと毎日思いつつも練習を続けてきました。

多分ここ数ヶ月の状況を客観的に見れば、10人いれば9人は練習を控えた方が良いのではと思ったと思います。長い人生、数ヶ月ピアノを休んでも良いのではとアドバイスをくれた友人もいましたし、先生ももうこの曲はこの程度でもとおっしゃっていたので、ある程度で終わらせることも考えたのですが、どうしてもそれが出来なかったのは、今の娘にとってはピアノが自分を支える大きな柱になっているのではと思ったからでした。早生まれなこともあり、小さい頃から背も小さく、いつも何かと友達の背中を追いかけることが多かった娘にとって、ピアノは唯一友達に誇れるものであり、自分で自信を持って続けてきたことでした。それを今止めてしまう、もしくは娘自身が納得いかない内容で妥協して終わらせてしまうのは、自分の中心となってきた柱を崩してしまうことになるのではと思ったのです。親の勝手な思い込みかも知れませんが、どうしても途中で止めることが出来ませんでした。

でも嫌いな練習を続けることは、娘にとっても私にとっても大きな苦痛を伴うものでした。毎日娘は練習を嫌がり、後でやる、後でやると約束して必ずそれを破り、私はその度に落胆し、怒り(だったら最初から信じずに約束しなければ良いのですが、「こんどはかならずまもるから」と言われるとまた必ず破るだろうと思いつつ約束してしまうのです)、夕食後無理にでも練習させ、娘はイライラして騒ぎたて、毎日苦痛の連続でした。こうして練習は辛うじて続けてきましたが、練習前に必ず娘の大騒ぎがある為思った様な練習時間は取れず、今日の本番は非常に不安を感じていたのですが...

驚いたことに、今日の娘の演奏は今迄で一番の出来でした。(親バカですみません!)ピアノや音響が良いからということも勿論あったと思うのですが、自分が演奏したいテンポと曲調で最後迄弾き通すことが出来、本人もとても満足している様子でした。自分で作曲した「ことりのワルツ」も、自分で作っておきながら指が回らずつい数日前までひどい状態だったのが、今日は無事きっちりと弾くことが出来ました。本番に強いタイプなのでしょうか。周りに毛どころか、林でも生えていそうな強心臓、恐るべし...今年は昨年 の様に「よく頑張ったね」と涙が出るというよりは、娘の本番の強さに驚くばかりでした。(重ね重ね親バカですみません...)

ただ思った演奏が出来て良かったと思う一方で、何とかなるものだと世の中をなめて(!)しまわないかという不安も実はあったのですが、先程お風呂で今日の話をした限りではそんなことはなさそうでほっとしました。辛い練習だったけれど、頑張った後の喜びを感じることが出来たようです。お風呂の中で「がんばってよかった」という一言が聞けた時、この数ヶ月の苦労が全て報われた気がしました。

今年の発表会は、ピアノの演奏以上の大きなものを得られた気がします。
この数ヶ月忍耐強く(!)レッスンして下さった先生、本当にありがとうございました。
Commented at 2009-11-04 12:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pureandstyle at 2009-11-04 19:47
>鍵コメントさま
こんばんは&お久しぶりです!
コメントありがとうございます。いつも読んで下さって嬉しいです。

発表会、無事に終わって良かったです。
あの強心臓は一体どこからやってきたのか...謎です。(笑)
お嬢様ももうすぐ発表会なのですね。
楽しく演奏が出来るといいですね♪

お引越しのお知らせありがとうございます。
後程伺いますね!
by pureandstyle | 2009-11-03 22:58 | Family | Comments(2)